主婦の再就職に資格は役にたたない?仕事を見つけるにはどうすればいい?

社会復帰を目指す主婦にとって資格は強い味方です。とくにブランクが長い主婦は、自信が持てず社会復帰に臆病になりがちです。資格を持っていると、自分のアピールポイントが増え自身を持って社会復帰ができるでしょう。主婦におすすめの資格を紹介していきます。

スポンサードリンク

 

主婦におすすめな資格

簿記検定

事務員や経理を希望する人が圧倒的に多いです。座ってできる仕事ですので足や腰への負担が少なく、長期的に続けるならおすすめの仕事ですよね。

事務員や経理をするには、簿記の知識が必要になります。3級なら参考書を使って自宅での勉強でも取得ができる資格です。

3級を保有している人は多いので、他の人より差をつけたいなら2級、1級を目指しましょう。子育てをしている主婦の方には通信講座がおすすめのです。実務にも十分に活かせる資格ですので持っていて損はない資格です。

秘書検定

秘書検定は、就職活動でアピールをするには弱い資格ではありますが、実際に仕事に就いたときに非常に役に立つ資格です。

敬語の使い方や、冠婚葬祭のマナーなど一般常識ではありますが、知らないと恥ずかしい思いをするものばかりです。

仕事では外部からの電話をとったり、お客様の接客をすることも増えます。間違った敬語や対応をすると「ここの会社の社員はレベルが低いな」と会社のイメージを悪くする可能性もあるのです。

今一度、社会人としてのマナーを学ぶためにも、おすすめの資格です。頑張れば準1級までは独学で取得が可能です。

スポンサードリンク

 

医療事務

社会復帰を目指す主婦に医療事務員は人気の職業ですね。

高齢化も進み病院の需要はこれからも高まるでしょう。景気に関係なく安定して続けられる仕事ですし、デスクワークですのでおすすめの職業です。

雇用形態も正社員・パート・アルバイトと様々ですし万が一、退職をしても他の診療所でも使える資格ですので、一生役に立つおすすめの資格です。

専門用語が多いので、初心者には難しく感じると思います。その為、勉強方法は専門学校や通信講座を利用する方が多いです。

 

再就職のコツ

再就職のコツは面接官に「この人と一緒に働いてみたい!」と思わせることです。そのためには、やる気をアピールすることが必要です。面接ではネガティブなイメージを与えずポジティブなイメージを与えると良いでしょう!

「久しぶりの社会復帰で、しっかり働けるか不安です」と答えるのと「久しぶりの社会復帰で緊張もありますが、社会で働けることを楽しみにしています!」と答えるのでは面接官に与える印象が異なります。

久しぶりの社会復帰で不安があるのは皆、同じです。それをネガティブに捉えるのか、ポジティブに捉えるかの違いです。

自分が面接官になったときに、どのような答えが返ってきたら好印象を持つか、どのような態度の人物なら一緒に働きたいと思えるかを考えれば、おのずと企業が求める人物像が見えてくるでしょう!

話が面白い人も面接官の受けは良いですね。特別な体験をしていなくても、日常生活をユーモアを交えて話せたり、それをこういった仕事に役立てられるとストーリーを作ると良いでしょう。

面接官も人間ですので、資格をたくさん持っていても話が続かない人物より、資格は無いけど明るくユーモアがあり話が盛り上がる人物の方に好印象を抱くものです。

まずは、日常生活や育児などで仕事に繋がる話題がないかを探してみてください。そしてユーモアを交えたストーリーにすると面接で盛り上がます。事前に話す内容をしっかり組み立てておくと、面接でもアタフタせずに自信を持って話せます!

 

まとめ

ブランクの長い主婦におすすめな資格をまとめてみました。資格も重要ですが、もっと大切なのはガッツです。どうしても働きたいという気持ちをもって、就職活動に取り組んでみましょう。

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る