離乳食の進め方はどうすればいい?《後期編》

 

離乳食後期(カミカミ期)になりますと形のある物を歯茎でつぶせるようになる時期にあたります。

まずカミカミ期に入る前にチェックをしましょう。

スポンサードリンク

関連記事→ちゃんの離乳食はいつからあげる?それぞれのメリットデメリットは?

 

カミカミ期の離乳食の進め方

まずは豆腐ぐらいの固さの物を上手に舌でつぶすことが出来るかとゆうこととあとは食事の量です。

大体全て合わせて子供茶碗1杯ぐらいは食べれるようになっているかとゆうことです。

この二つをクリアしているようでしたら後期へと進めて下さい。

●離乳食の回数まずは食事の回数ですが後期になると2回から3回食に増やすようにしましょう。

大人と一緒に朝、昼、晩と一緒に食事をするようにしましょう。

一緒に食事をすることで食事の楽しさを知り家族の温もりをより感じられるでしょう。

●栄養バランス今まではおかゆ、野菜、果物などが中心だったと思いますが後期になるともっといろいろな種類が食べられるようになりますので魚や肉、豆腐、乳製品などのタンパク質も取り入れていきましょう。

卵なども食べられるようになりますが個人差もありますのでアレルギーが心配な方はもっと後でも大丈夫です。

タンパク質も同様にはじめは少しずつあげていきましょう。

例 

お肉やお魚は10グラム前後  

豆腐は45グラムぐらい  

乳製品 50グラムぐらい  

これも個人差がありますのでたくさん食べるようであればもう少し量を増やしても構いませんが他との栄養バランスが取れるようにしましょう。

好き嫌いも出てくる時期なので食べないこともありますが食べなければまた明日と焦らずにしましょう。

●味付けについて味付けはだし汁以外にも塩、醤油、味噌などの調味料も使っていきましょう。

卵アレルギーが出ていなければマヨネーズなどもオススメです。

赤ちゃんにもだんだん味覚が出てきているので今までの味付けでは全く食べてくれなかったかたも少量の味付けをすれば食べてくれるようになるかも知れません。

風味づけ程度で薄味を心がけて下さい。

もうこの時期になると大人と同じ物ものを少し取り分けてうすめてあげてもいいと思います。

その際アレルギーの心配のある物は避けて下さい。

 

離乳食ってどうやって進めたらいいんでしょうか。
離乳食についてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→離乳食について詳しく知りたい!まとめ記事

インフルエンザが流行っていますね。
インフルエンザについてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事 

スポンサードリンク

食べづかみの始まり

食べづかみが始まる頃後期にもなるとあかちゃんも大分食事を認識し自分でも食べたいという欲求が芽生えてきます。

赤ちゃんが食べやすいように出来るだけ手づかみでたべられるようなものに変えてあげましょう。

野菜などは歯茎で潰せるぐらいの柔らかさにして大きめにカット、野菜スティックなどもいいですね。

ご飯もおにぎり状に丸く形を形成しましょう。

●離乳食のイライラこの時期は食べづかみが始まって散らかしたり時には食べ物を投げたりと食事をさすのも大変です。

さらにまだ離乳食完了ではないため毎日献立を考えての離乳食作り。

ママにとっては一番大変な時期かも知れません。

そんな時はベビーフードを使うのも一つの手だしまとめて作って大量に冷凍をする。

少々同じメニューが数日続いても大丈夫です。

ママがストレスのないよう楽しく食事を進められるように気をつけましょう。

食べこぼしてしまうとついイライラしてしまいがちですが決して怒らないように気をつけましょう。

食事が怒られてばっかりで楽しくないと子供が認識してしまうと食べなくなってしいます。

みんなで食事をして楽しく離乳食完了を目指しましょう。

関連記事→離乳食の量はどれくらいあげていいの?水分はどうする?

お勧め関連動画

余裕がある方はぜひ使ってほしい布おむつ。
布おむつについてまとめた記事はこちらです。
関連記事→布おむつについて詳しく知りたい!まとめ記事

子育てをしていると出てくる疑問。
100人に聞いたアンケートをまとめた記事はこちらです。
関連記事→<100人に聞きました>子育ての疑問についてまとめたアンケート一覧

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る