離乳食の進め方はどうすればいい?《中期編》

 

今回は、中期の離乳食の進め方についてご紹介します。

離乳食初期と比べて食べられるものが増え、アレルギー反応を起こす可能性がありますので、注意しながら与えるようにします。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんが離乳食を食べない!どう対処すればいい?

 

離乳食中期ってどんな時期?

離乳食中期は、生後7~8ヶ月あたりのことを指します。

ここから離乳食初期では1回だった離乳食を2回に増やしてあげる時期です。

ただし、まだ主食はミルクと母乳になるため、それらも並行して与えるようにします。

 

離乳食ってどうやって進めたらいいんでしょうか。
離乳食についてまとめた記事はこちらになります。↓
関連記事→離乳食について詳しく知りたい!まとめ記事

インフルエンザが流行っていますね。
インフルエンザについてまとめた記事はこちらになります。↓
関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

 

中期離乳食の固さについて

中期の離乳食の固さは、「舌でつぶせるくらいの柔らかさ」にします。

おかゆも10倍がゆにしていたのを、5倍がゆにし、野菜・魚類も細かく刻むようにします。


中期離乳食から食べられるもの

ここで食べられる食材が一気に増えてきます。

食パン、卵、白身魚、赤身の魚、ヨーグルト、納豆など、様々食べられるようになります。

ただし、いずれもアレルギー反応を起こす可能性がありますので、最初は1さじから与えてみて、与えた後はしばらく様子を見るようにします。

問題無ければ1さじずつ増やして慣らしておきます。

万が一様子がおかしければ、医療機関を受診します。

スポンサードリンク

関連記事→離乳食にバナナをあげたい!いつから大丈夫?生と冷凍でもいい?

 

各食材の調理方法について

各食材の調理方法は次の通りです。

食パン→軽くトーストし、細かくちぎります。

白身魚→加熱調理したものを細かく刻みます。

ヒラメやタイ、ホッケなどが最適です。

ただし、タラはアレルギー反応が起こる可能性があるため、離乳食完了期にて与えると良いでしょう。

赤身魚→白身魚に慣れてきたら与えます。

こちらも加熱調理したものを細かく刻みます。

マグロや鮭が離乳食に最適です。

ただし、鮭は塩気を含んでいるので、お湯で塩気を取り除いてから与えてください。

肉→鶏肉のささみが食べられます。

しっかり加熱調理し、ミンチ状にして与えます。

納豆→加熱調理し、刻みます。

しょうゆは入れないようにします。

卵→固ゆで卵を与えます。

最初は黄身から与えて、慣れたら白身を与えるようにします。

卵はアレルギー反応が起きやすいため、一さじずつ与えるようにします。

 

中期の離乳食の量について

中期の離乳食の量は以下の通りです。

穀物(パン、おかゆ、麺類)→50~80gぐらい

野菜・果物→20~30gぐらい

魚類→10~20gぐらい

肉類→10~20gぐらい

豆腐→30~40gぐらい

関連記事→ちゃんの離乳食はいつからあげる?それぞれのメリットデメリットは?

 

離乳食中期の母乳とミルクについて

1日2回離乳食が始まったといっても、最初は2回の食事に慣れないかと思います。

それでも慌てず、赤ちゃんのペースに合わせて離乳食を与えてあげ、機嫌が悪い時は母乳、ミルクを与えてみます。

なお、離乳食中期の主食は母乳とミルクなので、本人が欲しがるだけ与えてあげます。

機嫌の良い時に2回の離乳食を進めていくと良いでしょう。

また、ミルクや母乳の量を離乳食中期で減らそうとせず、離乳食後期から徐々に量を減らしていくようにします。

いかがでしたか?離乳食中期になると、食べられる食材が増え、ママも大変な時期になりますが、気を楽にして離乳食を進めていきましょう。

お勧め関連動画

余裕がある方はぜひ使ってほしい布おむつ。
布おむつについてまとめた記事はこちらです。
335 関連記事→布おむつについて詳しく知りたい!まとめ記事

子育てをしていると出てくる疑問。
100人に聞いたアンケートをまとめた記事はこちらです。
389 関連記事→<100人に聞きました>子育ての疑問についてまとめたアンケート一覧

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る