離乳食に卵はいつからあげていい?進め方や量を紹介!

今回は離乳食の卵についてご紹介します。

卵は生ものであるということと、アレルギー反応が起きる可能性があることを念頭に、慎重に与えていく必要があります。

ですが一度タマゴに慣れると、様々な料理が食べられるので、食の楽しみが増えること、間違いなしです。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんが離乳食を食べない!どう対処すればいい?

 

いつから与えるの?

目安としては、生後7~8ヶ月頃、離乳食のおかゆや野菜を食べ慣らした頃に与えるのがベストです。

ただし、その頃はまだ赤ちゃんも離乳食にやっと慣れた時期で、まだミルクや母乳がメインの食事ということもあるため、赤ちゃんの機嫌や様子を見て、ご機嫌な時に与えるようにします。

 

離乳食ってどうやって進めたらいいんでしょうか。
離乳食についてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→離乳食について詳しく知りたい!まとめ記事

インフルエンザが流行っていますね。
インフルエンザについてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

 

卵のアレルギーについて

離乳食の卵は、かゆやうどんなどと異なり、アレルギー反応が起きる可能性があるので、注意が必要です。

卵を初めて与える時は、まずは一口(一さじ)与えてみて、その後は一日中様子を見ましょう。

様子がおかしい場合や発疹などが起きた場合には近くの小児科や医療機関を受診しましょう。

 

卵は午前中に与えるのがベスト!

卵を初めて与える時は、午前中に与えるのがベストです。

午前中に与えることにより、いざ赤ちゃんの様子がおかしくなっても、午後や夕方など、医療機関が開いている時間にきちんと診療が受けられます。

逆に午後に卵を与えると、その後赤ちゃんの様子がおかしい場合、開いている医療機関に限りがあるため、きちんとした診療が受けられない可能性があるからです。

スポンサードリンク

関連記事→離乳食にバナナをあげたい!いつから大丈夫?生と冷凍でもいい?

 

卵を初めて与える場合の方法

卵は生の状態のため、必ず加熱調理をしてから与えるようにします。

最初は固ゆでのゆで卵を作り、白身から一さじずつ与えるようにします。

白身を与えて問題ないようであれば、黄身を一さじずつ与えるようにします。

このように一さじ増やしながら徐々に卵に慣らしていきます。

生後9ヶ月ごろから、オムレツスクランブルエッグなどにアレンジして与えることも可能です。

野菜や魚類が苦手な赤ちゃんには、卵と野菜、魚類を混ぜて、きちんと加熱調理をして与えるのも良いでしょう。

市販品で卵を使ったお菓子や離乳食が多いため、1歳ごろまでには卵に慣らしておくようにしましょう。

 

与える量の目安について

卵の与えすぎにも注意が必要です。

赤ちゃんはまだ消化器官が未発達のため、食べ過ぎ、与え過ぎは赤ちゃんの胃に負担がかかります。

以下を参考に与える量を調節するようにします。

離乳食中期:卵黄1個分から全卵1/3個ほど

離乳食後期:全卵1/2個ほど

離乳食完了期:全卵1/2個から2/3個ほど

※上記はすべてMサイズの卵で換算したもの。

 

赤ちゃんが喜ぶ離乳食レシピ

固ゆで卵に慣れたら、様々なレシピで卵の美味しさを赤ちゃんに教えてあげます。

離乳食中期なら卵がゆ

離乳食後期ならフレンチトースト、溶き卵入りうどん

離乳食完了期ならほうれん草のオムレツやツナのオムレツ

おやつにはタマゴボーロ

など、様々な形で卵を味わうことが出来ます。

ゆで卵を嫌う赤ちゃんやレシピに困った時などに是非一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事→ちゃんの離乳食はいつからあげる?それぞれのメリットデメリットは?

お勧め関連動画

余裕がある方はぜひ使ってほしい布おむつ。
布おむつについてまとめた記事はこちらです。
関連記事→おむつについて詳しく知りたい!まとめ記事

子育てをしていると出てくる疑問。
100人に聞いたアンケートをまとめた記事はこちらです。
関連記事→<100人に聞きました>子育ての疑問についてまとめたアンケート一覧

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る