赤ちゃんに果汁はいつからあげていい?作り方はどうする?

 

赤ちゃんに果汁はいつからあげていいのだろうか?

作り方はどうしたらいいのだろうか?

とお悩みのお母さんもいらしゃると思います。

今日は果汁をあげる時期・果汁の作り方や進め方のポイントについてご説明します。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんが離乳食を食べない!どう対処すればいい?

 

ベビーの果汁・酪農製品の進め方のポイント

・乳離れスタート前は乳汁のみでOK!

・生後4カ月以前に果汁を与えると食品アレルギーになることもありますのであまりに早い時期に与えないようにしましょう。

・離乳食スタート以降に食事のパーツとして、果汁・フルーツを適正水準認めるのはイチオシです。

・酪農製品は、離乳食のスタートから15~20日後から与えましょう。

・食塩入りのチーズは、ちょっとずつ料理に使用しましょう。

 

果汁・酪農製品の進め方

離乳食始動の前後には、果汁、牛乳以外の酪農製品は、なべていつから与えて良いのだろうか?と懸念があるママもイッパイいるはずです。

栄養学博士号・管理栄養士の上田玲子先生から貴重なご意見と忠告をもらいました。

スポンサードリンク

離乳食前にフルーツジュースをベビーに与えても良いのだろうか?

離乳食スタート前にフルーツジュースを与える必須性は特にないのですが、絶対厳禁ということではありません。

簡単に言うなら ちょっとでも与えたら大変!とまで認めなくても平気です。

離乳食のスタートは生後5~6カ月頃が基準ですね。

それよりも以前のベビーにとって、最大のエネルギー源は疑いの余地もなく乳汁や育児用粉ミルクです。

それのみで生後6ヶ月ぐらいまでは精力的に伸び伸び成長します。

その為実際フルーツジュースを与える趣旨は養分的にはこれっぽっちもありません。

乳汁のみでOK!ということです。

けれどできれば、乳汁や牛乳からのみではなく、離乳食から徐々にエナジーや栄養物を摂取して行きたいもの。

けれど、ベビーが大はしゃぎして喜んで要求しても、授乳量、食事量が低減してしまうほどイッパイには与えないように注意しましょう。

スポンサードリンク

離乳食ってどうやって進めたらいいんでしょうか。
離乳食についてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→離乳食について詳しく知りたい!まとめ記事

インフルエンザが流行っていますね。
インフルエンザについてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

 

乳製品はいつからベビーに与えれば平気なのか?

離乳食のスタート時期には米粥の擂り潰しが最適です。

これに5~7日くらいたって慣れたら、野菜の裏漉しをプラスします。

野菜をプラスして5~7日くらい経過したら、豆腐の擂り潰しを与え、そこへ持って来て5~7日くらい経過したら離乳食開始の慣らし時は終了になります。

その先は酪農製品を与えても大丈夫です。

わかりやすく言うとスタートから15~20日ほど経過したら酪農製品をを与えてOKだということです。

乳離れの開始基準は生後5~6カ月くらいなので、例を挙げてみると5カ月で離乳食をスタートしたら5カ月の終了頃には酪農製品を食べれることができます。

半年でスタートしたら6カ月の終了時には食べれるようになるということでベビーにによってギャップがあります。

いまなお酪農製品ではプレーンヨーグルトは5カ月から、ミルクは調理に使用するくらいでしたら同様に5カ月から大丈夫です(ただし母乳やミルクの代用品に飲用させる場合は1才以上からです)

チーズも使用して大丈夫ですが、塩分をイッパイ含有する物があるので、とにかくカッテージチーズからスタートし、それ以降は、プロセスチーズなどをちょっとずつ料理に使用して行くと最適でしょう。

・果汁の作り方

果汁の作り方と言うと、すごく難しいことを考えてしまうかもしれませんが、そんなことはなく至って簡単です。

みかんなど柑橘類を絞ったり、リンゴだったらすりおろしたものを、ガーゼに包んで絞れば立派な果汁100%ジュースの出来上がりです。

最初は少ししか飲めないので、ぜひこちらで試してみてください!

関連記事→離乳食の卵でアレルギーは出る?いつからあげていい?

お勧め関連動画

余裕がある方はぜひ使ってほしい布おむつ。
布おむつについてまとめた記事はこちらです。
関連記事→おむつについて詳しく知りたい!まとめ記事

子育てをしていると出てくる疑問。
100人に聞いたアンケートをまとめた記事はこちらです。
関連記事→<100人に聞きました>子育ての疑問についてまとめたアンケート一覧

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る