お内裏様とお雛様の並べ方はどうすればいい?

 

3月3日はひな祭り。

ひな祭りに雛人形を飾るご家庭もあるのではないでしょうか。

この雛人形、どのように飾っていますか?

実は雛人形の飾り方に関東と関西で違いがある事はご存じでしょうか。

お内裏様とお雛様の左右の位置はどちらが正しいのでしょうか。

お内裏様とお雛様の並べ方を調べてみました。

スポンサードリンク

関連記事→ひな祭りの由来を簡単に知りたい!

 

お内裏様とお雛様の並べ方の由来

現在一般に広く売られている雛人形は関東雛と言い、正面から向かって左にお内裏様右にお雛様が座っています。

反対に、向かって右にお内裏様左にお雛様が座っているものを京雛と言います。

日本では本来もともと位の高い人が左側にいる習慣でした。

お雛様も「お内裏様が左(正面から見て右)、その右手側にお雛様」を飾ることが習慣でした。

それが関東風の並びになったのは、大正天皇がきっかけとされています。

 

離乳食ってどうやって進めたらいいんでしょうか。
離乳食についてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→離乳食について詳しく知りたい!まとめ記事

インフルエンザが流行っていますね。
インフルエンザについてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

明治時代に西洋文化の流れを受けて、国際儀礼である「右が上位」の考えが取り入れらるようになりました。

大正天皇の即位の礼で、洋装された天皇陛下が西洋のスタイルで皇后陛下の右に立たれた事から、この習慣が広まったとされています。

大正天皇が皇后陛下の右という事で、向かって左にお内裏様の関東雛になったわけです。

つまり、関東雛は新しいスタイルで、並べ方を調べると、「古式」「新式」という言葉を目にしましたが、「古式が京雛の並び」「新式が関東雛の並び」という事になります。

では、どちらの並びが正しいの?京雛はお内裏様が右、関東雛はお内裏様が左、一体どちらの並べ方が正解なのでしょうか。

正しい並べ方ってどっち?と分からなくなってしまいますよね。

関連記事→お雛様の処分の方法が知りたい!

 

お内裏様とお雛様の正しい並べ方

雛人形の飾り方・並べ方は、地域や時代によって様々で違います。

そのため、これが正しい飾り方・並べ方というのはないそうで、しかしそれでは答えになりませんので、関西にお住まいの方は、京雛の並び方で飾る。

お内裏様が右で、お雛様が左。

関東にお住まいの方は、関東雛の並び方で飾る。

お内裏様が左で、お雛様が右。

「伝統ある飾り方・並べ方」がいいと思う方や、「新式として新しく取り入れられた飾り方・並べ方」がいいと思う方、考え方は人それぞれですよね。

古くから伝わってる伝統を大事にしたい、新しく取り入れられた方に合わせていきたい、どちらも間違っていない考えだと思います。

知識として、京雛はお内裏様が右、関東雛は左という事を覚えた上で、お住まいの地域に合わせた並べ方をするのが望ましい事だと思います。

ちなみに、雛人形には厄災を人に代わって引き受ける人形(ひとがた)の役割があったため、女児の健やかな成長や幸せを願う意味があります。

また、女性が旅行や嫁入りの際に、もし災いが起きたとしてもその身代わりになってもらえるよう雛人形を持って道中を過ごしたといわれています。

このことから、上流階級の娘の嫁入り道具として雛人形の需要が高まりました。

また、よい夫婦になるよう、幸せな結婚になることを願って、男女対の雛人形が作られるようになったと言われています。

雛人形の並べ方を一つの知識として、娘さんに教えてあげて、娘さんからその娘さん、そのまた娘さん…と代々受け継いでもらって、いつまでも日本の伝統が続くといいですね。

関連記事→お雛様の飾る時期はいつ?関西は他と違う?

お勧め関連動画

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

5月5日はこどもの日で端午の節句ですね。
端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る