お雛様の飾る時期はいつ?関西は他と違う?

 

日本では女の子の健やかな成長を祈るための日として親しまれている3月3日の「ひな祭り」には、お雛様を飾ってお祝いするのが主流となっていますが、これは雛人形には子どもに降りかかる厄災を身代わりに受けてくれる人形(ひとがた)という役割があるため、子どもに災いに降りかからないようにという家族の願いが込められています。

スポンサードリンク

離乳食ってどうやって進めたらいいんでしょうか。
離乳食についてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→離乳食について詳しく知りたい!まとめ記事

インフルエンザが流行っていますね。
インフルエンザについてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

 

お雛様は一体いつ頃から飾るの?

結論から先に言ってしまうと、雛人形を飾るはこの日でなければならないという特別の決まり事はないということです。

では、いつでも好きな日にお雛様を飾っても良いのかというと必ずしもそうではないようです。

一般的な考えとしては、お雛様を飾る時期の目安としては2月4日の二十四節気の一つである立春の日からとされています。

そして何がしかの理由でお雛様を飾る時期が遅くなってしまったとしても、3月3日のひな祭りの最低一週間前までには飾りつけを行うようにするというのが昔からの習わしとなっているようですね。

また雛人形を飾りつける日は大安の日を選んで行うことが良いとされていますが、これは日本人に共通した何事を始めるにも大安の日が良いというごく普通の考え方からきていると言われています。

スポンサードリンク

関連記事→ひな祭りの由来を簡単に知りたい!

 

関西は他と違う?

ここまでを整理すると、雛人形の飾りつけを行うのは、立春の日からひな祭りの一週間前までの間で大安の日に行うのがベストということになりますね。

ただし、初節句を迎えるときだけは、立春より早い時期から飾っても良いとされる地域もあるようですよ。

逆に雛人形を飾るのに絶対に避けなければならない日というのもあるんです。

それは、ひな祭りの前日である3月2日に飾ることなんです。

この理由には諸説があるようですが、雛人形を飾る場合だけではなく、お正月飾りも同じです。

関連記事→吊るし雛の作り方を簡単に知りたい!意味は何?

 

お葬式は通常一夜飾りになることから同じように一夜で飾るのはとても縁起が悪いということと、子どもたちに降りかかる厄災の身代わりとなってくれる雛人形に対して、一夜で飾りつけを行うのは失礼だからということです。

そもそも大切なお子さんのために雛人形を飾るわけですから、言い伝えにかかわらず前の日に慌てて飾りつけを行うのはやめたいですよね。

さて、ここまでは、一般的な雛人形を飾る時期や注意すべきことなどについて述べてきましたが、実はこれにも地域性があって、興味深いのは関西地方の雛人形を飾る時期なんです。

なぜかと言うと、関西地方では雛人形をひな祭りの直前に飾り、それから約1か月後の4月3日頃に片付ける家庭が多いそうで、これは旧暦のひな祭りが現在の4月3日頃にあたるからとされているんです。

つまり関西地方では、旧暦のひな祭りの日にお祝いをする家庭が多いということになりますね。

また関西地方のようにお雛様を飾る日が一般的な考え方と違う地域も日本中にはあるようですので、もし不安であればその地域に長年住んでいる親族や知人などに確認してから行うことも大切だと思いますよ。

関連記事→お内裏様とお雛様の並べ方はどうすればいい?

お勧め関連動画


ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

5月5日はこどもの日で端午の節句ですね。
端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る