お雛様の意味って何?どうして飾るの?

 

3月3日の雛祭りには、女の子がいる家庭では雛人形を飾ってお祝いします。

では、どのようにしてお雛様は誕生したのでしょうか。

雛祭りに雛人形を飾るようになったはじまりには、二つの由来があると言われています。

ちょっとそれについて詳しく書いてみますね。

離乳食ってどうやって進めたらいいんでしょうか。
離乳食についてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→離乳食について詳しく知りたい!まとめ記事

インフルエンザが流行っていますね。
インフルエンザについてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

 

一つ目の由来は、中国から

中国では、3月上旬の巳の日に、川で体を清めて厄払いをする「上巳の節」という行事がありました。

この「上巳の節」が日本に伝わり、自分の体を清める代わりに草やワラで作った人形(ひとがた)で体を撫でて人形を川に流すようになったのです。

昔から日本では、木やワラや布でつくった人形を子供の魔除けにする風習があったこともあり、人形に子供の厄を移して川へ流すという行事になっていったのです。

関連記事→ひな祭りの由来を簡単に知りたい!

 

二つ目の由来は、日本の平安時代

もう一つの由来は、日本の平安時代に貴族階級の女の子たちがしていた紙で作られた人形で遊ぶ「ひいな遊び」がもとであるという説です。

「ひいな」とは小さくてかわいらしいものを意味する他、大きなものを小さくするという意味もありました。

「ひいな」という言葉が次第に「ひな」と呼ばれるようになっていったのです。

そしていつしか、川へ流す人形(ひとがた)のことを「流しひな」と呼ぶようになりました。

この流し雛をする風習は、今でも日本で行っている地域があるそうです。

平安時代から江戸時代になり豪華できらびやかで華やかなものが好まれるようになりました。

また、人形を作る技術も次第に発達していきより精巧で豪華な流し雛が作られるようになっていきました。

そして、技術が発達して豪華になった人形は、いつの頃からか川へ流さずに家に飾るように変化していったのです。

江戸時代に、幕府はそれまでは3月上旬を「巳の日」としていたのですが、3月3日を「上巳の節句」「桃の節句」と定めました。「上巳の節句」には、以前行われていた流し雛の代わりに雛人形を飾る風習が根付きました。

スポンサードリンク

関連記事→お雛様の飾る時期はいつ?関西は他と違う?

 

お雛様を飾る理由

このようにして、女の子がいる家庭では雛人形を用意して、その女児の身代わりとなって全ての厄を受けてもらい、女児の健やかな成長や幸せを願うようになったのです。

また、女性が嫁入りする際には、なんらかの災いが起こった場合の身代わりになるようにと道中も雛人形とともに過ごしたそうです。

そうして、いつしか雛人形は娘の嫁入り道具の一つとなり、より良い夫婦となるように男女対の雛人形が作られるようになっていったそうです。

また、お雛様、お内裏様とともに飾られている桃の花には「魔除け」「長寿」の意味が込められているそうです。

もともと、中国では、「上巳の節句」に、桃の花を愛で、桃の花を漬けたお酒を飲み、桃の葉のお風呂に入ることによって邪気を払う風習がありました。

また、旧暦の3月3日は、ちょうど桃の花の咲く時期だったこともあり、雛祭りには桃の花が飾られるようになったそうです。

雛祭りを「桃の節句」と呼ぶようになったのも、このような風習からによるものです。

私たちが普段当たり前のように飾っていたお雛様には、昔からの由来と意味が込められていたのです。

意味や由来を知ることで、今後は雛祭りの行事をもっと大切にしないといけないとあらためて認識しました。

雛人形には、厄払いの意味がるので、3月2日から1日だけ飾ることは避けるべきだとされています。

遅くても2月の中旬くらいまでには飾らないといけないそうです。

関連記事→ひな祭りのうたの歌詞はどんなもの?意味が知りたい!

お勧め関連動画

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

5月5日はこどもの日で端午の節句ですね。
端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る