端午の節句の意味と由来が知りたい!

 

端午の節句は5月5日の子供の日として有名です。

ゴールデンウィークの一日として認識されている国民の祝日ですが、本来は「子供の人格を重んじり、子供の幸福をはかると共に、母に感謝する」のが主旨とされています。

しかし、祝日になる前から端午の節句として親しまれてきました。

端午の節句の意味や由来などを記載しようと思います。

スポンサードリンク

関連記事→こどもの日の兜の意味は?飾る時期は?いつまで出す?

 

端午の節句とは

端午の節句とは男の子の成長を願う節句です。

女の子の場合は桃の節句ですね。

本来、端午とは月の初めの午の日をいいますが、旧暦の5月5日を端午というようになりました。

現在は新暦の5月5日です。

端午の節句の由来を辿ると古代中国に行き着きます。

端午の日は野原に行き、薬草を摘み、色鮮やかな絹糸を肩にまき、病を避け、邪気を払う力があると考えられていた蓬で作られた人形を飾り、菖蒲を門に掛け邪気を追い払うなどが行われていました。

これは現代の日本でも菖蒲を吊るしたり、菖蒲湯に入るなどの風習として受け継いでいます。

日本では、男性が外に出ていき、女性だけが家の中に残り、閉じこもって、田植えをする前に穢れを祓い身を清める五月忌みという風習があり、これが中国から伝わった端午と結び付けられました。

どちらも邪気や穢れなどの悪いものを退ける風習ですから一緒になったものかと思います。

上記で記載したように、実は日本では端午の節句は元々女性のための節句だったのです。

スポンサードリンク

関連記事→初節句の男の子のお祝いはどうすればいい?

 

端午の節句の由来

時は進み鎌倉時代になると菖蒲が尚武と同じ読みである事や、菖蒲の葉の形が剣に似ていて、連想させることなどから、端午は男の子の節句とされるようになり、男の子の成長を祝って、健康を祈るようになりました。

鎧や兜、刀、武者人形や金太郎を模した五月人形などを飾り、庭前でこいのぼりを上げるのが典型的な祝い方です。

鎧兜には男の子の体を守るという意味が込められ、こいのぼりをたてるのは中国の故事にちなんでおり、男の子の立身出世を願っています。

端午の日にはちまきや柏餅を食べる風習もあります。

ちまきを食べるのは古代中国の詩人屈原の命日である5月5日に彼を慕っていた人々が彼が身を投げた川にちまきを投げたのが由来とされています。

柏餅を食べるのは日本独自の風習で、柏は新しい芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として広まりました。

男の赤ん坊を持つ家庭にとっては初節句となるため、家族総出で盛大に祝われることも多いようです。

特に5月5日が祝日であり、さらに前後に祝日を伴うゴールデンウィーク中であるため、ひな祭り以上に祝われます。

関連記事→こいのぼりの歌詞が知りたい!どういう意味がある?

 

外国の端午の節句

日本以外でも端午の節句は存在しており、中国はもちろんのこと、ベトナムや韓国でも行われています。

ベトナムではもち米の発酵食品が果物と共に祭壇に供えられ、この日に果物を食べると、体内の虫が退治されると言われています。

韓国では「タノ」と言われ旧暦の5月5日に行われます。

この日に女性がブランコに乗り、男性は相撲をとる風習があります。

端午の節句は厄や邪気を払い、子供の健やかな成長を願い祝う日です。

皆様もわが子の健やかな成長を願い祝ってあげてください。

お勧め関連動画

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

3月3日は桃の節句でひな祭りですね。
ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る