こいのぼりの歌詞の意味が知りたい!

 

こいのぼりの歌といえば「屋根より高いこいのぼり」で始まる歌が有名ですが、それ以外にもこいのぼりの歌があるのをご存知ですか?

今回は今はあまり歌われることはなくなったけど名曲である別バージョンのこいのぼりの歌をご紹介しますね。

スポンサードリンク

関連記事→こどもの日の兜の意味は?飾る時期は?いつまで出す?

 

こいのぼりの歌詞

その歌は大正時代に作られた歌で作曲した人は弘田龍太郎、作詞をした人が誰だかは不明です。

文部省の唱歌として子供たちに歌われました。

歌詞はこうです。

1.甍(いらか)の波と雲の波重なる波の中空(なかぞら)を橘(たちばな)かおる朝風に高く泳ぐや鯉のぼり

2.開ける広き其の口に舟をも呑(の)まん様見えてゆたかに振(ふる)う尾鰭(おひれ)には物に動ぜぬ姿あり

3.百瀬(ももせ)の滝を登りなば忽(たちま)ち竜になりぬべきわが身に似よや男子(おのこご)と空に躍るや鯉のぼり

古い言葉なのでわかりにくいかもしれません。

現代語に直すとこんな感じでしょうか。

1.屋根のかわらと雲が両方波のように見えるその波がたくさん重なっている大空の中橘が香っている朝風に高く泳いでいるこいのぼり

2.大きく開いたこいのぼりの口の中に舟さえ飲んでしまうような様子だゆったりと尻尾を振っているこいのぼりは物に動じない堂々さがある

3.もし巨大な滝を登りきったら鯉はたちまち竜になる「子供たちよ、自分のように成長しろよ」と言っているのか空にこいのぼりが泳いでいる

スポンサードリンク

関連記事→端午の節句の意味と由来が知りたい!

 

歌詞の意味

さて、三番の歌詞にある「百瀬の滝を登りなば、忽ち竜になりぬべき」ということですが、これは古来からの登竜門の伝説のことを言っています。

昔中国に竜門という名前の滝がありました。

その滝はものすごい高さがあり、水の落ちてくる勢いは大変なものでした。

そこに川を登ってきたたくさんの鯉たちがやってきて、その登竜門を登ろうとします。

しかしあまりの高さと水の勢いに、滝を登りきれる鯉は現われません。

しかしその滝をもし鯉が登ったら、その鯉は竜になるという伝説です。

ここから立身出世をすることを「登竜門を登る」と言うようになりました。

こどもの日にこいのぼりを上げるのも、もともとこの登竜門の伝説から来ているそうです。

子供たちが大きくたくましく育つように願う大人の気持ちは、昔も今も同じですね。

とはいえ最近は昔とは時代が大きく変わってきて、子供が健やかに成長していくにはいろいろと厳しいことがおおいと思います。

だからこそこどもの日には小さなこいのぼりを上げて子供の将来を精一杯願ってあげたいものです。

の歌は歌詞も素晴らしいですがメロディーも負けず劣らず良い歌です。

ぜひ一度聞いてみてくださいね。

関連記事→初節句の男の子のお祝いはどうすればいい?

お勧め関連動画


端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

3月3日は桃の節句でひな祭りですね。
ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る