ママ友いないと子供に影響?作り方が知りたい!

 

「ママ友を作るのって不安」

「ママ友ってどうやって作るの?」

「ママ友とどうやって付き合えばいいの?」

など、ママ友に対する疑問はつきません。

そこで今回はママ友の作り方についてご紹介します。

スポンサードリンク

関連記事→ママ友トラブルのまとめ!100人アンケート

 

ママ友を作ることのメリット

まず、ママ友を作ることのメリットとして、次のようなメリットがあります。

1.子育ての悩みを共有でき、子供の発育状況を知ることができる子供の離乳食や食事、授乳や毎日の遊び、しつけなど、子育ての悩みをお互いに共有することができます。

特に子供同士の月齢が近い場合、子供の発育状況を相対的に知ることか出来ます。

2.子供同士遊ばせられるママ友が出来ると子供同士も交流することが可能なので、子供同士遊ばすことができます。

子供同士で遊ぶことで協調性や社会性を身につけることができ、ママ自身もつかの間の休憩を取ることができます。

3.幼稚園や保育園、学校などの情報を共有することができるママ友が出来ると、近くの幼稚園や保育園、学校などの情報を共有することができます。

例えば、幼稚園や保育園の空き情報やイベント情報、学校近くの不審者情報や行事等を共有することで、楽しく安全に生活することができます。

子育てにイライラするときってどうしてもありますよね。
そういう時みんなはどうしてる?
100人にアンケートを取ってみました!
関連記事→子育てにイライラした時の対処法はみんなどうしてるの?100人の声

スポンサードリンク

ママ友の作り方

ママ友の作り方はさまざまあります。

1.自治体主催の子育て教室に参加する市区町村主催の子育て教室に参加すると、月齢が近い子供のママさんと友達になれる可能性があります。

筆者の住む自治体の子育て教室の内容は、主に子供との触れ合い方をロールプレイ式で紹介し、隣同士の子供との触れ合いの機会もありましたため、自然とママ友を作ることが出来ました。

自治体によって内容が異なるため、詳しくはお住いの自治体に問い合わせると良いでしょう。

2.行きつけの公園を作るなかなか自治体主催の子育て教室に参加できない場合は、行きつけの公園をひとつかふたつ作ると良いでしょう。

公園には必ず誰か子供とその親御さんがいるため、行く機会を増やし、お互いに会う回数を増やし、自然とママ友になるような雰囲気にすると良いでしょう。

3.子連れの可能な習い事に行く最近では、子連れのできるバレエや体操、ヨガなどの教室があります。

そこで何か習い事を始めると良いでしょう。

子連れのできるイベントに出かけるのもありですが、一回こっきりになってしまい、ママ友と出会えなくなる可能性もあります。

習い事だと毎度同じメンバーに会えるため、ママ友も作りやすく、習い事を辞めてもママ友同士の絆は強いものとなります。

4.子供同士が幼稚園・保育園・学校で同じクラスの人をつくるこれが一番仲良くなるパターンですが、子供同士が同じ幼稚園・保育園・学校の同じクラスだと自然に親同士が仲良くなります。

幼稚園や保育園、学校の情報を共有でき、お互いの家に行き来したり、お互い親子で遊びに行ったり、ランチしたりして、ママ友の中では一番絆が生まれます。

如何でしたか。

以上を参考にママ友を作って、子育てを楽しんでください。

関連記事→ママ友が苦手で疲れる!付き合い方が知りたい!

お勧め関連動画


赤ちゃんがどうしても泣き止まないときありますよね。
そういう時みんなはどうしてる?
100人にアンケートを取ってみました!
関連記事→赤ちゃんが泣き止まないときはみんなどうしてるの?100人の声

子供が産まれると、今までできていたことが思い通りに進まなくなります。
そういう時、夫が手伝ってくれたらいいのにな。
何を手伝ってもらえたらうれしい?
100人にアンケートを取ってみました!
関連記事→夫に協力してほしい家事はなに?100人の声

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る