ママ友トラブルで疲れる!苦手な人との付き合い方は?

 

子育てをしていて避けられないものといえば、ママ友ですよね。

ママ友は育児の悩みを相談したり、幼稚園や学校の情報を交換したりと、付き合っていて良い面ももちろんありますが、ちょっとしたトラブルや揉め事が起きるケースも多いものです。

特に、子供のつながりで出来たママ友だけど、やはり人間ですから合う合わないはあって、どうしても苦手だとか、一緒にいると何だか疲れちゃう…という人っていたりしますよね。

ここでは、そんな苦手なママ友とどうやって付き合っていけばいいかという点をまとめてみました。

スポンサードリンク

子育てにイライラするときってどうしてもありますよね。
そういう時みんなはどうしてる?
100人にアンケートを取ってみました!
関連記事→子育てにイライラした時の対処法はみんなどうしてるの?100人の声

 

ママ友の付き合い方

まず一番大事なのは、「深入りしない、浅いお付き合いを心がける」ということです。

苦手な人や一緒にいて疲れる人とずっと一緒に過ごすというほどストレスのたまるものはありませんものね。

ただ、この際、決して「完全に関係を絶つ」ということではありません。

きちんと挨拶や軽い世間話などすることはするけど、頻繁にランチに行く…などという深いお付き合いはしないようにするこのです。

でも、一旦深い付き合いになってしまったママ友から急に距離を置くと、ママ友から不審がられたり場合によっては悪口を言いふらされたりする可能性もあります。

なので、本来は「最初からママ友とはある一定の距離を置いて付き合う」というのがベストなのですが、もうある程度深い付き合いになってしまった…という場合は急にフェードアウトもできませんよね。

スポンサードリンク

関連記事→ママ友トラブルのまとめ!100人アンケート

 

苦手なママ友は浅く付き合う

そこで、何か理由をつけて忙しくなった、とアピールして少しずつ離れていくのがおすすめです。

仕事をしていなくても理由はいくらでも付けられます。

親が入院している、親の手伝いをすることになった、知人からお願いされて内職を始めた、などなど…。

また、話をしているときに頻繁に携帯をいじったり電話したりするのも良いでしょう。

そうすると、苦手なママ友と話している途中でも「ゴメン、予定があるから!」と急いで切り上げられます。

また、ママ友と共通のものを少しずつカットしていくのもおすすめです。

例えば洋服の趣味でも、何か持っているバッグや小物のテイストでも良いです。

そうするとだんだん共通のものが減っていき、自然に会話も減っていくでしょう。

買い物をするスーパーが同じならそこを変更する、行く回数を減らす、なども良いですね。

とにかく、そのママ友との接点をできる限り減らすというのが大事です。

「それでも、どうしても会う機会や話す機会が多くて、憂鬱…」という場合、とにかくこちらの情報を与えず、聞き役に徹するというのがポイントです。

苦手なママ友には、おしゃべりだったり人のことを根掘り葉掘り聞きだそうとする人が多いものですが、相手に余計な情報を与えてしまうとよけい話が長くなったりしてしまいます。

いかがでしたでしょうか?苦手だとか一緒にいると疲れるというママ友と付き合うには、とにかく「浅く付き合う」ことがポイントです。

上手に忙しいアピールをしながら、距離を少しずつ離していくことで気分もだいぶ楽になりますよ。

関連記事→ママ友がいない!作り方が知りたい!

お勧め関連動画


赤ちゃんがどうしても泣き止まないときありますよね。
そういう時みんなはどうしてる?
100人にアンケートを取ってみました!
関連記事→赤ちゃんが泣き止まないときはみんなどうしてるの?100人の声

子供が産まれると、今までできていたことが思い通りに進まなくなります。
そういう時、夫が手伝ってくれたらいいのにな。
何を手伝ってもらえたらうれしい?
100人にアンケートを取ってみました!
関連記事→夫に協力してほしい家事はなに?100人の声

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る