産後に夫婦仲が悪い!改善法と最悪な時期の乗り越え方紹介!

 

夫婦で仲良く暮らしており、待望の妊娠・出産。

幸せなはずなのに産後夫婦仲が悪くなってしまったという人は結構多いようです。

悩んでいてもなかなか人には聞くことができない?

そういうカップルの悩みを解決するべく、体験談を聞いてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

関連記事→産後にセックスレスになってしまった!対処法が知りたい!

 

順調な夫婦生活が

まさに産後、夫婦仲が悪くなった自営業の30歳(夫)と32歳(妻)です。

妻が妊娠したのは4年前の3月でした。

挙式も無事に終え働こうかどうか迷っていた時期に嬉しい妊娠報告。

サラリーマンだった当時、金銭的にも特に困ったこともなく、妻の身体的な負担を避けるため育児に専念する方向にしました。

つわりもありましたが、お互い気遣いをかかさず順調な夫婦生活を送っていました。

子供が産まれると、今までできていたことが思い通りに進まなくなります。
そういう時、夫が手伝ってくれたらいいのにな。
何を手伝ってもらえたらうれしい?
100人にアンケートを取ってみました!
関連記事→夫に協力してほしい家事はなに?100人の声

 

変化が起こったポイントは2つ

自立と出産です。

自立というのはサラリーマンをやめて起業するという事。

出産と重なる時期にもう1つ大きな不安を抱えるわけなのでもちろんあらゆる事態を想定しながら話を進めました。

出産してから約1年後に引っ越し。

1年半後に独立を果たしたのですがここから夫婦仲の悪さが表面化してきます。

まず私は起業なんかして欲しくなかったし、あなたが勝手に望んでやったことに巻き込まれた。

知らない土地に無理やり来させられた。

私はやりたいことなんかないし、普通に暮らせればそれでよかった…と。

スポンサードリンク

関連記事→共働き、家計はどうやってやりくりする?

 

妻の言い分

当然夫婦の営みもなくなり、顔を合わせればケンカの日々。

些細なことでケチをつけられては言い合いになることもしばしば。

こちらのモチベーションはもちろん家族を守っていくことにあるのですが、それが一向に伝わりません。

私も初めは正面からぶつかっていたのですが、あまりにも態度がひどくなってきたため周りに相談。

するとどこも同じようで一安心。

言われたことは皆同じで「夫が我慢すればすむ話」だそうです。

確かに育児のウエイトが高いのは妻の方だし頑張っているのも知っていたのでイライラを押さえつけ実践してみました。

何を言われても右から左へ受け流し、やれと言われたことはやり、怒られても文句は言わず、ひたすら我慢しての対応。

なるほど確かにぶつかることはなくなりましたが、同時に愛情もなくなったような…。

大きく跳ねる前にはいったんしゃがめと言いますが、ウチのこのケースの場合どこに向けて跳ねたらいいのか全くわからないのです。

これでは夫婦としての意味がないのでひたすら我慢していう事を聞くってのは少し違うのかなと思います。

関連記事→共働きのメリットとデメリットは何?

 

どうすれば解決できたか

落ち着いて素直に話す、というシンプルなことが入口でした。

お互い腹を立ててしまうことは反省しており、また変えたいと願ってはいたので。

子供がいるとどうしてもそっちに注意が行きがちで恋人感覚は無くなってしまします。

…が、もともとは男と女。

そこが楽しかったから夫婦になったわけで、その感覚を大事にしなければいけないと気が付きました。

子供を理由にデートが出来ないというのは大きな間違いで、寝かせた後でもちょっとの時間を使って一緒に飲んだりDVDを見たり何でもないことをゆっくり話したり。

それだけで女性らしさを取り戻し恋人のような感覚で接することができました。

何年たってもデートの時は手をつないだりして恋人であり続けたいと思うことが重要かなと思います。

関連記事→<100人に聞きました>子育ての疑問についてまとめたアンケート一覧

お勧め関連動画


子育てにイライラするときってどうしてもありますよね。
そういう時みんなはどうしてる?
100人にアンケートを取ってみました!
関連記事→子育てにイライラした時の対処法はみんなどうしてるの?100人の声

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る