人生を楽しんでいる後姿を子供に見せたい♡

ひな祭りのケーキのレシピが知りたい!

Yoshi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
こんにちは。 当サイト管理人のYoshiです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 わたしはフランスの田舎街で、フランス人夫、二人の娘、ネコと暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました! 笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。 こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

 

3月3日のひな祭りにはケーキを作ってはいかがですか。

今回は簡単なひな祭りケーキのレシピをご紹介します!

スポンサードリンク

関連記事→ひな祭りの由来を簡単に知りたい!

 

材料(1~2人分)

サンドイッチ用パン4枚

苺5粒

キウイ1個

洋梨1個(缶詰)

生クリーム200cc

砂糖18g

バニラエッセンス適量(なくても良い)

お雛様の砂糖菓子

ロウソク

スポンサードリンク

関連記事→初節句の女の子のお祝いはどうすればいい?

 

作り方

生クリームに砂糖を入れて、泡立て器で立てます。

※氷水で冷やしながら立てると綺麗に最後まで使えます。

少しとろみがでてきたら、バニラエッセンスを加えます。

7分くらいまで立てたら、乾かないようにラップをしておきます。

苺のヘタを取って、大き目のサイコロ状にカットします。(苺は水で洗うと傷みやすいので、水では洗わないこと。気になる場合はペーパータオルなどを濡らしたもので、拭きましょう。)

⑤キウイの皮を剥いて、苺と同じ大きさのサイコロ状にカットします。(キウイは皮の毛が落ちるので、まず皮ごと洗います。そして両端を落としますが、頭の部分には芯があるので、まず周りに切れ目を入れ、その後ヘタを回しながらとると、芯が一緒に綺麗にとれます。

洋梨はペーパータオルでシロップの水気を取り、苺と同じ大きさのサイコロ状にカットします。

生クリームを使う分だけ固めに立て直します(一度に全て立ててしまうと、立てすぎた時に困るので、その都度使う分だけを固めに立てましょう。また、固めに立てることによって、後で切るときに切りやすくなります。)

生クリームをパンに薄く塗ります

キウイをまんべんなく敷き詰めます その上から、生クリームをキウイが隠れる程度塗り広げます。

その上にパンを置き、平らになるように軽く押さえます。

またクリームを、薄く塗り広げます。

その上に洋梨を敷き詰めます その上から生クリームを洋梨が隠れる程度塗り広げます。

再びパンを置き、平らになるように軽く押さえます。

クリームを薄く塗り広げます。

その上に苺を敷き詰めます。

その上から苺が隠れる程度の生クリームを塗り広げます。

関連記事→ひな祭りのうたの歌詞はどんなもの?意味が知りたい!

 

最後にその上からパンを置き、平らになるように軽く押さえ、側面に生クリームを綺麗に塗ります。

冷蔵庫で休ませます。

ひし形になるように四つ角をカットします。(カットするときは、一辺を切るたびにタオルで綺麗に生クリームを拭き取り、お湯で温めてながらカットします。そうすると断面が綺麗にでます。)

カットしたらお皿に盛りつけます。

上に余った生クリームを絞り、その上からお雛様の砂糖菓子をのせます。

余った隙間に生クリームで飾りの絞りを入れます。

その生クリームにロウソクを立てて完成です。

余談ですが、切り落とした四つ角の部分を花の葉っぱに見立ててお皿に置き、残ったフルーツや生クリームで花びらを演出すれば、残り物も綺麗に使いきることができます。

フルーツの色を使って三色を出すことによって、色素などを使わないので、お子様も安心して食べられます。

また、火を使う工程がないので、火傷などの心配なく、お子様と一緒に楽しくケーキ作りができます。

関連記事→お雛様の意味って何?どうして飾るの?

お勧め関連動画


ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

5月5日はこどもの日で端午の節句ですね。
端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

「子育て中だから・時間がないから・
田舎だから」はもう終わりにしよう!
パソコンを使って
どこでも+5万円の収入を得る方法を
無料メール講座で公開しています★

この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
こんにちは。 当サイト管理人のYoshiです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 わたしはフランスの田舎街で、フランス人夫、二人の娘、ネコと暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました! 笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。 こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 🌸ママの仕事と子育て両立への道🌸 , 2017 All Rights Reserved.