初節句の女の子のお祝いはどうすればいい?

 

「初節句」とは、生まれてきた赤ちゃんが初めて迎える節句のことをいうのですが、女の子の場合は「桃の節句」として3月3日に、男の子の場合は5月5日の「端午の節句」にお祝いします。

今回は、「桃の節句」の祝い方についてスポットライトをあててみたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→ひな祭りの由来を簡単に知りたい!

 

桃の節句の祝い方

だいたい一ヶ月くらい前から各ご家庭では、「雛人形」や地域によっては「吊るし雛」を飾りはじめ3月3日に備えます。

基本的には、節分の翌日にあたる立春の日、または立春以降の大安などの縁起のよい日に飾ることが多いです。

そして、初節句は子供の健やかな成長を祝い、かつこれからの幸せを願う大切な行事ですので、ご両親やお祖父さんお祖母さん、そして地域によっては親戚、友人を招いて盛大にお祝いする傾向にあります。

その際、招かれる方は、初節句のお祝いとして、「御初節句御祝」に現金を贈ることが近年は多いです。

その際の相場は、親族が5,000円~10,000円が一般的といわれています。

また、地方によっては、昔からの風習で「人形」として日本人形や市松人形、羽子板などを贈るところもあるそうです。

そして、お返しとして赤ちゃんが「お祝いの膳」を家の者は用意し、招待客とともにそれらを囲むことが習わしとされています。

祝い膳としては、一般的に「ちらし寿司」や「はまぐりのお吸い物」、「菱餅」に「雛あられ」、「白酒・甘酒」などを準備します。

これらには、それぞれ意味があります。

例えば、「ちらし寿司」は先を見通す意味の蓮根や長寿を願う海老などを用い、華やかな色彩に仕上げることで、女の子らしい祝い膳の主役にしています。

その他にも、二枚貝は良き伴侶と出会えることを祈る象徴と考えられているので、はまぐりを使ったお吸い物をこしらえます。

そして、菱餅には、魔除けの桃色、純潔の白色、そして健康を願う緑色を上から順に重ねることで、春の景色を再現して祝いの場を彩るという粋な計らいがあります。

スポンサードリンク

関連記事→お雛様の処分の方法が知りたい!

 

雛あられの由来

ひなあられに関してですが、これには面白い経緯があります。

今では考えられないかもしれませんが、昔は雛人形を持って女の子達は外へ出かけて自分の人形を見せあいっこしていたそうです。

その際、菱餅から雛あられをつくり携帯していたそうです。

その名残があって、今でも「雛あられ」を飾るというわけです。

最後に、「白酒・甘酒」ですが、これは邪気を払い生命力をもたらす花として有名な桃の花から出来た「桃花酒」を模したものだといわれています。

このようにめでたい祝い膳をもって、生まれた子どもの成長と幸せをみんなで祝います。

そして、雛人形の前によく赤ちゃんの写真が飾られていることが多いですね。

これは、赤ちゃんと両親、祖父母で、神社を参拝して神職に祝詞をあげてもらった後に、写真屋さんなどで家族写真や赤ちゃん個人の写真を撮ったときのものです。

近年は、色々な衣装を用意している写真館が増えており、たくさんの赤ちゃんの写真を愛でながら、祝いの席が盛り上がることもあるそうです。

関連記事→お雛様の飾る時期はいつ?関西は他と違う?

お勧め関連動画


ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

5月5日はこどもの日で端午の節句ですね。
端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る