初節句の男の子のお祝いはどうすればいい?

 

端午の節句と言えばこいのぼりを飾りますよね。

食べ物は、柏餅ちまきを食べるのですが・・・初節句の男の子のお祝いはどうすればいいのか悩んでいるお母さんはいませんか。

今日は初節句のお祝いについてお話したいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→こどもの日の兜の意味は?飾る時期は?いつまで出す?

 

初節句とは

初節句とはお子さんが生まれて初めて迎える節句のことを言います。

男の子の場合は端午の節句(5月5日)子供の日ですね。

初節句は基本的にお宮参りやお食い始めなどのお祝いが済んでから、行うものとされています。

お宮参りなどが済んでいない、生まれたばかりの赤ちゃんの場合は翌年に初節句をすると言う形になります。

端午の節句は、立身出世を願う男の子の節句です。

菖蒲の花、鎧兜を飾り、鯉のぼりを立ててお祝いします。

両親を招いて、縁起物の料理でもてなすのが本来の祝い方です。

菖蒲は尚武や勝負になぞらえて「勝負に負けない、逞しい子に育つように」と言う願いを込めて、菖蒲の花を玄関先に飾ったり、尚武の花をお風呂に浮かべるといった風習が受け継がれています。

鎧兜は厄除けや守り神といった意味があります。

子供の厄災を受け止め、身代わりになるとされていますので、1人に一体贈るものとされています。

鯉のぼりの鯉は威勢のよさを象徴する魚とされ、出世への願いや、辛い環境にも耐えるような立派な人になって欲しいとの意味が込められています。

鯉のぼりや鎧兜のような飾りは、1日でしまってしまうのは良く無いとされているので、初節句の20日~10日前位から出すのがいいでしょう。

しまう日にも特に決まりは無いのですが、5日を過ぎたらなるべく早くしまった方が良いでしょう。

ちなみに、兜や鯉のぼりといった飾り物は、母親の両親が送るのが正式とされています。

赤ちゃんの服装は陣羽織を着せます。

厄除けと健康祈願の意があります。

ご自宅でお祝いする時は両親の服装は普段どうりで大丈夫です。

神社などに訪問する際は、あくまで、主役は赤ちゃんなので、スーツやワンピースなどの派手でないフォーマルなものが良いですね。

スポンサードリンク

関連記事→こいのぼりの歌詞が知りたい!どういう意味がある?

 

縁起のいい食べ物

料理は特に決まりはないのですが、縁起をかついだものを食べる場合が多いです。

【柏餅】子孫繁栄の意味がある様です。

【ちまき】災いを避けると言う意味があります。

【鯛】縁起物の定番、めでたいの意味から。

【赤飯、ちらし寿司】お祝いのご飯の定番です。

【たけの子の煮物】真っ直ぐ元気に育つようにとの意味。

【海老】海老の赤色が生命力を表します。

【蓮】消毒作用があるため、健康を願うと言う意味から。

【豆】健康でマメに過ごせるようにいう意味。

【鰤〔ブリ〕の照り焼き】成長する毎に名前が変化する出世魚、出世の象徴。

鱸〔スズキ〕】ブリと同じく出世の象徴。

鰹のタタキ】鰹を勝男と通じることから。

全てのものを揃えるのはむずかいしいので、祝膳にはこの様なものをいくつか準備するのが良さそうですね。

ちなみに柏餅は関東ちまきは関西といった感じで、地域によってどちらを用意するかが違う様です。

初節句には、絶対にこうしなくてはいけない!といった形式があるわけではないので、兜や鯉のぼりがない場合も手作りで作ってあげたり工夫して、出来る範囲で、赤ちゃんと一緒に楽しんで、お祝いしてあげる事が一番ではないでしょうか。

関連記事→端午の節句の意味と由来が知りたい!

お勧め関連動画


端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事
ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る