こどもの日の五月人形の意味は?飾る時期は?いつまで出す?

 

子どもが生まれて初めて迎える節句を「初節句」といい、男の子の初節句は5月5日の「端午の節句」で、この時に飾るのが五月人形やこいのぼりで,4月に入るとあちらこちらで見かける風景ですね。

でも、初節句を迎えて五月人形を実際に飾るとなると、いろいろ迷うこともあるでしょう。

意味や由来、飾る時期など、詳しく知ることで、より「初節句」を楽しめますよ。

スポンサードリンク

関連記事→端午の節句の意味と由来が知りたい!

 

五月人形にはどんな飾りがあるの

五月人形の飾りは家の中に飾る「内飾り」と屋外に飾る「外飾り」に大きく分かれます。

「内飾り」は、兜飾り、鎧飾りのことですが、兜とは甲冑の頭に被る部分のことです。

一般的には、この兜や鎧を中心にして両側に弓太刀(弓と太刀の飾り)を添えて飾ります。

また、子供の人形に鎧を着せた若大将といわれるもの、勇壮な人形の総称でとして以前は五月人形の代名詞のように言われた、桃太郎、金太郎、神武天皇、鍾馗、飾馬、馬乗大将などがあります。

最近ではキャラクター物や陶器、手作りのタイプのものなどいろいろな姿の人形があります。

「外飾り」とは、鯉のぼり、武者幟のことです。

関連記事→こどもの日のこいのぼりの意味は?飾る時期は?いつまで出す?

 

五月人形を飾る時期はいつがいい

五月人形を飾り始めるのは、春分の日から4月中旬くらいにと言われています。

飾る日柄(大安吉日)は、あまりこだわらなくても大丈夫です。

片付けるのは、時期的に梅雨入りが近くなるにつれて天気も不安定になるため、五月中旬までのできるだけ早い時期がいいでしょう。

鯉幟や鍾馗旗、子供大将などは季節感があるので片付けますが、兜・鎧飾りは、インテリア・美術品として、一年を通して飾ることもできます。

スポンサードリンク

関連記事→初節句の男の子のお祝いはどうすればいい?

 

五月人形のいわれ

「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことで、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が「端午の節句」として定着してきました。

また、「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われました。

貴族から武家の時代に移って、「菖蒲(しょうぶ)」の音が、武を重んじる「尚武(しょうぶ)」と同じであることから、「端午の節句」は、「尚武(しょうぶ)」の節句ともとらえられるようになりました。

江戸時代にはいって、家の後継ぎとなる男の子の誕生を知らせるために門前に「馬印」「幟旗」「槍」「薙刀」などを立て「具足(鎧兜)」を飾って、男の子の厄災除けと無事な成長を祝い、一族の繁栄を願う重要な行事となり、端午の節句は、男の子のための節句として定着したといわれています。

鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りです。

鯉は非常に生命力の強い魚です。

その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ、子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りとなりました。

実戦用の鎧兜を座敷に飾っていたものが装飾用の「兜飾り」に、幟飾りが鯉幟にと、時代とともに変化し、広く一般家庭でも飾るようになってきました。

現在は、鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、大切な子どもの身を守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

邪気を祓うといわれる菖蒲(しょうぶ)を軒先に吊るしその菖蒲を浮かべたお風呂「菖蒲湯(しょうぶゆ)」に入る慣わしは今でも残っています。

関連記事→こいのぼりの歌詞が知りたい!どういう意味がある?

 

誰が準備するの

かつては、初節句の五月人形は、武家の具足飾りがその原型という時代背景から、嫁ぎ先の両親が用意し鯉のぼり・武者幟り・武者人形などはお嫁さんの実家が用意していたようですが、婚姻の形態・家族構成・住宅事情などが時代とともに大きく変化して、最近では必ずしもそうではなくなったと言われています。

一般的には、五月人形は母方の実家から贈られることが多いようです。

最近では、「両家で話し合って費用を折半して子供たちに選ばせる」「両家からのお祝い金で若夫婦が購入し、両親は武者人形などの脇飾りを贈る」などいろいろです。

五月人形をお孫さんの為に準備してあげたいという気持ちはどちらの実家もあるでしょうが、まず最初にすべきことは、飾る場所や保管スペースのこと、どんな五月人形が好みなの科を、をまず若い夫婦に確認することが大切で、その上で、双方でのすり合わせが必要になります。

節句のお祝い事は、住んでいる地域や住宅、また、それぞれの家庭のしきたりなど、違いが多々ありますが、喜ばせたいという気持ちをお互い大事に、まず若い夫婦と両家の親が声を掛け合い、そのうえで、お子さんやお孫さんのすこやかな成長を願って五月人形を用意し、共に楽しいお祝い事にしたいものです。

お勧め関連動画

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事
ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る