こどもの日の兜の意味は?飾る時期は?いつまで出す?

 

男の子がいると、こどもの日に兜を飾る家庭も多いのではないでしょうか。

兜の意味や飾る時期について、まとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→初節句の男の子のお祝いはどうすればいい?

 

兜の意味

様々なルーツを経て、現代におけるこどもの日の兜を飾る意味は主に「子供の代わりに厄をもらってくれる・払ってくれる」というのが一般的です。

地域や風習によっては「この兜を着こなせるような勇ましく健康な男に育ってほしい」という願いを込めて飾る意味合いもあります。

 

兜の由来

鎌倉・室町時代に、ジメジメした梅雨の時期に入る前に武士たちが鎧のお手入れをする習慣がありました。

そのために5月に入るころに、鎧や兜などの防具が畳や屋敷の門周りに出されて並べられ、それを見た庶民が真似をしたのが始まりだという説が有力です。

江戸時代には庶民にも定着した季節行事になっていたようですが、武士ではない彼らが本物の鎧兜を持っていたわけではなく、手作りの紛い品をこしらえて棚の上に置いていたと言われています。

関連記事→こいのぼりの歌詞が知りたい!どういう意味がある?

 

お下がりじゃダメなの?

昨今では住宅事情などからして兜のみというお家が多いですが、そもそも兜とは戦の時には鎧とセットの防具として使われるべきもの。

そして防具とは、敵の攻撃から守ってくれるものであり、現代の意味では災厄から守ってくれるものという役割を持っています(お雛様と一緒ですね)。

子供にとっても親にとってもそういった大切な意味合いを持つ兜は、1人に1個が本来は鉄則です。

しかしここ最近で、アンティークに対する価値観が変わってきていて、物を大切に引き継いでいく文化が尊重されるようになりました。

なので今は行事や作法や伝承に厳しいお家でない限りは、持っているならば男親側の既存品を大切に引き継いでいくのも1つの形です。

スポンサードリンク

誰が買うか

昔ですと端午の節句で使われる用具は、男の子が産まれたらその家の跡継ぎとして男親の家で購入していました。

しかし今、外飾りである鯉のぼりを掲げずに内飾りである兜だけを用意する家が増えてきています。

そうなりますと、元々五月人形を女親側が用意していた習わしの延長で、兜も女親側が購入するのが現代では一般的となっているようです。

しかし、しっかりと鯉のぼりを掲げているお家や、男児をその家系の稼業の跡取りとしての認識が深くあるお家ですとその限りではなく、本来のルーツ通り男親側が用意するパターンも現存します。

関連記事→端午の節句の意味と由来が知りたい!

 

飾る時期/片づける時期

意外にも、飾るのも片づけるのも特に決まった時期は無いと言われています。

ですが兜自体の持つ意味合いからすると、子どもの日が過ぎてしまったら飾る意味が無くなってしまうので、だらしなく飾ったままにしているよりは早めに片づけてしまった方がベターですね。

また放っておくとすぐに梅雨の季節になってしまうので、飾っている間に付いた埃などは早めにお掃除してしまいたい、というのも早く片づけたい理由です。

 

何歳まで飾るの?

その身で災いや病気から子供を守ってくれる兜。

多くのご家庭では、だいたい小学校高学年を過ぎたあたりからはもう飾らなくなってしまうことが多いようです。

しかし実際は、なんと「何歳になっても」飾り続けて良いとされています。

どんなに年齢が経ったとしてもずっと、自分の魔除けになり続けてくれるのです。

父親と息子の兜を、毎年並べ続けると言うのも素敵ですね。

関連記事→こどもの日のこいのぼりの意味は?飾る時期は?いつまで出す?

お勧め関連動画

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る