卒園式の母親の服装はどうする?コサージュはつける?

 

もうすぐ卒園式。

主役は子供たちですが、それに参加するお母さんもきちんとした格好で行きたいですよね。

でもどんな格好をしたらいいかわからない?

そんな疑問に答えるべく、卒園式の服装についてまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→卒園式はフォーマルバッグ?どんなものがいい?

 

着ていく洋服

卒園式に参加するお母さんは、黒等のベーシックな色のスーツ・ジャケットを着ましょう。

卒園式はおめでたい席ですが、お別れの席でも有ります。

なので正装をして行った方が良いんです。

けれど幼稚園にもよりますがきちんとして見える服だったらそこまで堅苦しなくてはならないというキマリは無いので、オシャレも楽しめちゃいますよ。

ワンピースはもちろんですが、パンツルックでスマートにキメるのもオススメです。

またお子さんが卒園されるお母さんは、娘さんとコーディネートをおそろいにするのも素敵ですよ。

親子で使えるファッションブランド等では、式典向きのお揃いの服を取り扱っている事も有ります。

自由度が高い幼稚園なら、チェック柄とかボーダー物を着ても大丈夫でしょう。

ギンガムチェックなら可愛らしさもUpすると思いますし、千鳥格子柄も今風で小洒落ていますよ。

関連記事→卒園式でのママの髪型のアレンジ方法が知りたい!ショート?ロング?

 

着けるアクセサリー

それからアクセサリーは比較的シンプルな物を選んで、コサージュを付ける時は左胸の鎖骨辺りに付けましょう。

襟の有る服を着るなら、襟元に付けるのがバランスが整うからベストですよ。

コサージュの向きは、好きにしてOKです。

花の種類やパーツの形によって、もっとも綺麗に見える付け方をしましょう。

卒園式にふさわしいのは花の種類がローズやカメリアとかで、生地がシルクやサテンの物ですね。

色は黒等の地味な色とは対照的になる、白とかピンクが適切です。

ヘア飾りや靴やバッグ等に、馴染む色のコサージュを選んでみましょう。

コサージュが1つ有るだけで、顔が明るく見えますよ。

スポンサードリンク

関連記事→卒園式の父親の服装は?シャツ・ネクタイの色はどんなもの?

 

好ましくない服装

一方で卒園式には、向かない服装も有ります。

それはカラフルでゴージャスな、ロング丈のドレスです。

夜会では無いので、そのようなド派手な衣装は避けましょう。

それと遊びに行くわけじゃないから、ミニスカートとかデニムパンツを着ていくのもやめましょうね。

あとバッグはあまり大きい物を持って行くと邪魔ですし、服とのバランスも取れません。

だから小さなハンドバッグやポシェットを、用意して下さいね。

そしてネックレスは金属のような光り物だとパーティっぽさが出てしまうので、パール素材のアクセサリーを使うようにしましょう。

それから黒1色のコーディネートは暗くなりがちですが、中にフリル付きの白いブラウスを合わせると華やかになります。

ですから黒いスーツを着用する時は、中に淡い色を入れる事も考えてみて下さい。

また黒タイツやカラータイツを合わせるのはマナー違反になるので、肌色のストッキングを選びましょうね。

関連記事→卒園式の子供の髪型はどうする?編み込み?カチューシャ?

お勧め関連動画

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

子育てをしていると出てくる疑問。
100人に聞いたアンケートをまとめた記事はこちらです。
関連記事→<100人に聞きました>子育ての疑問についてまとめたアンケート一覧

 

記念日を写真に収めよう

卒園式や入園式は一生に一度の思い出。そういう記念日を写真に収めたいですよね。

そういった方におすすめなのが、素敵な写真撮影のサービスです!

大切な人へのプレゼントに、出張撮影のギフト【fotowa(フォトワ)】はとても便利なサービスですよ。

fotowa(フォトワ)は自分の指定した好きな場所に写真撮影のプロが来てくれ、写真を撮ってくれるサービスです。写真撮影の技術はもちろん、子供の写真撮影にも慣れているので、お願いするのに安心ですね!

しかも出張費と写真代も含めての一律料金!写真は75枚以上もデータとしてもらえるんです。

私も今まで、子供のお祝い事を写真館で撮影していましたが、枚数ごとにお金が撮られて、ものすごく高くなってしまいました。その点、一律は安心ですね。

しかも、自分の好きな場所で撮ってもらえるのがうれしい!人見知り気味の子供にも有難いですね。

幼稚園や保育園、あるいは思い出の場所などを指定してそこまで来てもらえるのがうれしいです。

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る