卒園式でのママの髪型のアレンジ方法が知りたい!ショート?ロング?

 

子供の晴れ舞台である卒園式。

それに参加するママも服装をどうしようか悩みますよね。

今回は、お母さんたちの髪型について、まとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→卒園式の子供の髪型はどうする?編み込み?カチューシャ?

 

ストレートのロングヘアのアレンジ方法

ロングでストレートヘアーのママさんは、卒園式の時は髪を全部まとめてキリリとした印象を出しましょう。

長い髪をそのままにしておくと、バサバサしてしまうのであまりキレイでは有りません。

なので結ぶなりピンで留めるなりして、髪がバサ付かないようにしましょう。

簡単なまとめ方は、最初にハーフアップにします。

そしてハーフアップにした髪を、くるりんぱします。

そうしたら全ての髪を持って、耳より少し上くらいの位置でポニーテールを作りましょう。

それからそのポニーテールにシュシュを結んで、最後に軽く毛先を巻いたら完成です。

お好みでカチューシャを付けても、オシャレでしょう。

関連記事→卒園式の父親の服装は?シャツ・ネクタイの色はどんなもの?

 

パーマがかかったロングヘアのアレンジ方法

ロングでパーマがかかっている人は、そのふわふわしたヘアスタイルを生かしましょう。

サイドの毛の1部をみつ編みにして、後頭部で1つに結べばエレガンスな雰囲気になります。

ストレートヘアーよりもパーマがかかっている髪の方が広がらないので、下ろしていても不自然では有りませんよ。

またみつ編みの先端に、小ぶりのリボンバレッタを付けるのもおかしく無いでしょう。

ショートヘアならロングヘアーみたいに髪が邪魔にはなりませんが、ストレートだと垢抜けない事も有ります。

けれどワックスを揉み込んで両サイドにボリュームを出せば、女性らしくフェミニンなヘアスタイルに出来ます。

また前髪はコテを使って軽く浮かすと、のっぺりとした重たい印象になりません。

それプラス花のバレッタをサイドに付けたら、より可愛くなるでしょう。

関連記事→卒園式の母親の服装はどうする?コサージュはつける?

 

パーマがかかったショートヘアのアレンジ方法

パーマがかかっているショートヘアーの場合は、下手にボリュームを加えたりするとオバさんっぽくなるから注意です。

なのでなるべくボリュームが出ないように、工夫しましょう。

あえていじらず髪飾りを付けるだけにするのも良いですし、サイドの毛を耳にかけて顔周りをスッキリさせるのも良いですね。

器用な人は後頭部で編み込んでも、いつもと違う卒園式向けの髪型を楽しめますよ。

スポンサードリンク

やめた方がよいアレンジヘア

という事で卒園式向けのヘアアレンジを数点まとめてみましたが、中にはやめておいた方が良い髪型も有ります。

まず髪を強く巻いてすごいクルクルしたウェーブヘアーにしちゃうのは、パーティに参加する人みたいに見えるのでダメです。

ですからストレートの人は、あくまでも緩く巻くだけにしましょう。

それにキツイ巻き髪よりも、緩やかなウェーブの方が今は人気も高いですよ。

それからアップスタイルにする時も、あまり上の位置でまとめると後ろのママさんの邪魔になります。

なのでお団子等は、頭頂部より下で作って下さい。

それと髪飾りが無いよりは有った方が整って見えますが、大きなリボンや派手な色の飾りだと華美になり過ぎます。

華美過ぎる飾りを付けて行くのも、卒園式には不向きです。

だからリボンでも花のバレッタでもシュシュでも、なるべく落ち着いた色をした小さい物を選びましょう。

オススメの色はネイビーやホワイト等のモノトーン系に、薄いイエローや薄いピンク等のパステル系です。

ワインレッドや、モスグリーンのような色もOKです。

それからスーツの色や胸に付けたコサージュの色とも合う、髪飾りを使いましょう。

そうすればお仲間のママさんたちに白い目で見られる事は無く、むしろ素敵なヘアスタイルにヘアアクセサリーだと褒められちゃうかもしれません。

関連記事→卒園式はフォーマルバッグ?どんなものがいい?

お勧め関連動画

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

子育てをしていると出てくる疑問。
100人に聞いたアンケートをまとめた記事はこちらです。
関連記事→<100人に聞きました>子育ての疑問についてまとめたアンケート一覧

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る