雛人形の収納ケースは桐?プラスチック?どっちがいい?

雛人形、3月最大のイベントとしてまた春の訪れを象徴するような日本の伝統文化です。しかし伝統文化を継承するにしては現代日本の住環境はあまりにも狭く、忙しくなってしまったように感じます。

ひな人形の収納ケースは桐とプラスチックとどちらがいいのか?また収納する方法について、ご紹介をさせていただきます。

スポンサードリンク

関連記事→ひな祭りの由来を簡単に知りたい!

 

雛人形の収納方法

まず、雛人形は一般的に段ボールに丁寧に梱包されて購入すると思います。普通に考えれば梱包されていた状態に戻せばいいのではないかと考えますが大きな間違いです。

ではどのように収納すればよいのでしょうか?従来では桐箱に収めるのが良いとされております。桐箱のメリットはどのようなものでしょうか?

関連記事→お雛様の飾る時期はいつ?関西は他と違う?

 

桐箱のメリット

1、湿気に反応して素材が収縮、膨張し湿気のシャットアウトと通気を柔軟におこなってくれる。

2、含有される天然成分に防虫効果がある

3、船の金庫に利用されていたこともあるぐらい軽い、そして木材としては燃えにくい以上が主なメリットとして挙げられます。

1については雛人形の大敵であるカビを防ぐには換気が必要不可欠です。しかし多量に湿気が含まれる空気をいれてしまってはいけませんのでカビ対策に大きなメリットになります。

2については防虫効果です。せっかく年に一度のお披露目で準備をしていたら虫食いが・・・なんてことになれば悲しすぎます。防虫も大事なポイントですね。

3に関しては直接の関係はないような気がしますが大間違いです。雛人形の生涯は主に収納されています。この収納されている状態で重かったらどうでしょうか?

陰干しするのも、移動するのも大変な苦労を伴うことになるでしょう。さらに押し入れや倉庫の上段に収納しようとなった場合にも軽さは大きなメリットとなります。また、保管中に不慮の事故に巻き込まれても桐箱なら焼損を免れたり水害にも耐えてくれるかもしれません。

スポンサードリンク

関連記事→ひな祭りは男の子もお祝いしていい?やり方は?

桐箱のデメリット

ではデメリットはどんなものでしょうか?桐箱のデメリットは「高い」の一言に尽きると思います。国産桐箱は高額であり、ネットショッピングの物など安価な物で品質の良いものは入手困難です。

きちんとしたものを人形店で雛人形と合わせて購入すると驚くような金額になります。他にはいい方法はないのでしょうか?実は老舗人形店オススメの安価で簡単な収納方法があります。

関連記事→ひな祭りの由来を簡単に知りたい!

 

プラスチックでの収納

それはプラスチック衣装ケースです。そう、どこの家庭でも1個はあるような押し入れ用衣装ケースです。この衣装ケース2個で一般的なサイズの雛人形一式が簡単に収納できてしまうというのです。

確かに収納ケースを少し高さのあるものにし、順番に並べて座らせれば綺麗に収納できます。しかし、先に述べた除湿や防虫は大丈夫なのでしょうか?

結果として対策は必要です。しかし現代の高気密住宅においては桐箱でも収納ケースでも対策は必要なのです。収納する場合、晴れた湿度の低い日にあらかじめ陰干しした雛人形を収納し、人形用の防虫剤をセットしたうえで除湿剤とともに押し入れに入れる。

その押し入れには使っている布団や衣類を入れず換気をし、たまに雛人形を陰干しする。これらをできれば長く楽しみ、後世に遺していくことができるのです。

現代では押し入れの数も少ないのでマンション住まいの方はレンタル倉庫や実家を利用するほうがいいのかもしれません。古き良き日本の伝統文化、なかなか手間がかかりますが頑張って遺していきたいものです。

 

ひな祭りの収納の仕方

いつ片付ける?

ひな人形を片付けるのに、最適な日があります。それは天気が良くて空気が乾燥している日です。

ひな人形は、湿気が大敵で、天気が悪い日に片付けてしまうと、湿気が多いため、人形にも湿気が移った状態で片付けてしまうことになり、カビやシミが出来てしまう原因になってしまいます

 

収納の手順

まずは、手袋をつけて、毛ばたきなどを使って、ひな人形についているほこりやゴミを払います。その際、ひな人形の顔は素手で触らないようにします。素手で触ってしまうと皮脂がうつってしまい、シミの原因となってしまいます。

次は、やわらかい布やガーゼなどで小物類のほこりを落とすように丁寧に拭きます。その際、水などは使わず乾いた布を使うようにしてください。

そして、人形の顔を和紙や半紙、ティッシュペーパーなどで優しく包みます。その際に、きつくならないように軽く顔に巻き付けます。

 

最後に、人形を入れた後に箱の中に半紙やティッシュペーパーなどのやわらかい紙を入れておきます。そして、人形に直接触れないように、人形用防虫剤を入れましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?今まできちんとひな人形を片付け出来ていましたか?こちらを参考にして、綺麗な状態でひな人形を保存するようにしてくださいね!

 

関連記事→お雛様の処分の方法が知りたい!


 

お勧め関連動画

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る