妊婦の花粉症の予防法が知りたい!

花粉症対策としては薬を服薬するなどが基本となっていますが、妊婦の場合には薬を飲まない方が良いとされています。

妊娠して2ヶ月~4ヶ月ぐらいの間は赤ちゃんの器官を形成する時期なので、特に薬には気をつけた方が良いです。

では妊婦が花粉症を予防するためには、どうしたら良いのでしょうか?

薬を使わない花粉症予防対策について、紹介していきます。

スポンサードリンク

関連記事→妊婦の花粉症の時期はいつからいつまで?

 

妊婦の花粉症予防対策

1.花粉からしっかりと身を守るためには花粉がたくさんある時期には外出を控えるということは、花粉症の予防につながります。

しかしそうは言っても、出かけないといけない用事があったり、旦那さんが着ている洋服についた花粉が持ち込まれたりということで完全に避けることは難しいです。

花粉に接触しないということは無理だとしても、その機会を減らす、そして量を減らすという工夫をすることは大事です。

その為にできることとしては、マスクや帽子などを着用して外出をして、直接的に花粉が自分の身に付いてしまうことを防ぐということです。

外出から帰ってきて家に入る時には、上着などを一旦はたいて花粉を外で落としてから入るようにする、洗濯物や布団などを外に干しても花粉が付着してしまうので、室内干しにするなども大事です。

また部屋の部屋の中に花粉が落ちてしまうこともあるので、掃除機をこまめにして部屋の中の花粉をそのままにしておかないように気をつけましょう。

関連記事→妊婦の花粉症、目の痒みに目薬は使っていい?

 

2.食べ物に気をつける花粉症を予防するために、食べ物に気をつけるという方法も有効であることが知られています。

具体的には花粉症を予防する為には、乳酸菌が効果的だとも言われていますので、乳酸菌を含む飲料を日常的に摂取する習慣を作るようにすることがお勧めです。

また食品としては、バナナ、たまねぎ、青魚などは花粉症を予防する効果があると言われています。

食生活の中でどれも取り入れやすい物なのでこれらを摂取することによって、花粉症の症状が出ないように、出たとしても軽くで済むように心がけましょう。

3.生活習慣を整える花粉症の症状はストレスが溜まり自律神経が乱れている、体が疲れているといった状況では、強く出るようになってしまいます。

妊婦生活を送る上では、通常の状態ではないようなつわりなどストレスを抱えてしまったり、体調が崩れることも出てきます。

そういった状況の中で体調管理にはいつもよりも気をつけるようにして、しっかりと睡眠をとる、ストレスを解消できることを見つけるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事→妊婦の花粉症、頭痛にはどういう対策をする?

 

気をつけること

生活を整えることによって、花粉症の予防につながることになりますし、妊婦であることは体調管理をすることも大事な仕事になってくるので生活習慣が乱れている場合にはそれが整うように気をつけてください。

まとめ辛い花粉症を乗り切るために薬に頼っていたという人も、妊娠中には薬を避けた方が良い時期もありますし、飲めない種類の薬もあります。

妊婦で花粉症を乗り切るために薬に頼らない予防法として、上に挙げたことがあるので参考にしてみてくださいね。

関連記事→妊婦の花粉症の予防法が知りたい!

お勧め関連動画


卒園式のマナー、詳しくわかりますか?
卒園式について書いた記事をまとめてみました。
関連記事→卒園式の服装や髪形のまとめ記事

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る