赤ちゃんの花粉症?対策と症状を紹介!予防するにはどうする?

花粉症というと大人がなるイメージですが、赤ちゃんでも花粉症になることがあります。

以前は大人のものだったのですが、今は1歳前後の赤ちゃんが花粉症になることも増えてきているのです。

赤ちゃんの花粉症について、紹介していきます。

スポンサードリンク

関連記事→子供が花粉症に?どんな症状が出る?

 

1.赤ちゃんの花粉症の症状

赤ちゃんの花粉症の症状とは赤ちゃんが花粉症になった場合の症状としては、鼻の症状としては鼻づまり、鼻水が出てきます。

目のかゆみなども出てきていて、大人の花粉症の症状と基本的には同じような感じだと言えます。

赤ちゃんの場合は最初に花粉症を疑うという発想があまりないと思うのですが、風邪の場合には咳や発熱が出現しますが花粉症の場合には目の充血などの症状が出るというところで違いがあります。

関連記事→子供の花粉症の対策と予防法が知りたい!

 

2.赤ちゃんの花粉症がどうかはどうやってわかるの?

1で紹介した症状が出た場合には、小児科を受診して花粉症かどうかの診断を受けるようにしましょう。

花粉症は何度も同じアレルゲンに刺激され、それが蓄積されることで発症されるとされていました。

その為に早い子でも2~3歳ぐらいにならないと発症しないと考えられてきたのですが、最近では2シーズン程度花粉に接することで十分な量のアレルゲンに接してしまい、花粉症を発症してしまうと言われているのです。

1歳前後の赤ちゃんが花粉症になる場合があると言われるのは、この為ですね。

特にアレルギー体質の赤ちゃんは花粉症になりやすく、アトピー性皮膚炎を持っていたり、気管支喘息などのアレルギーを持っていることが病気の発症のきっかけにつながることがあります。

親が花粉症などで同じアレルギー体質の場合も注意が必要ですよ。

スポンサードリンク

関連記事→子供の花粉症の治療法は?薬は飲める?

 

3.予防法と対策

花粉症を予防するためには花粉症に一度かかってしまうと、その症状は赤ちゃんに不快感を与えてしまい、見ていて辛くなることがあります。

大事なのは花粉症になる前の段階で、しっかりと花粉症になることを予防することです。

花粉症の予防をする為に大事なのは、室内をきれいな状態に保っておくことです。

掃除機をこまめにかけて、花粉が溜まらないようにしていきましょう。

また赤ちゃんがいる家では空気清浄器を使って空気をきれいにしているという人も少なくありませんが、これは花粉対策の為にも有効ですよ。

赤ちゃんが過ごす部屋では空気清浄器を使うようにしましょう。

また花粉の多い時期も赤ちゃんは外出を避けることはできませんが、外から帰ってきた際には上着をはたくようにして花粉を落とす、髪についた花粉もはらい落とすなどして花粉を室内に持ち込まないように注意しましょう。

花粉症の対策をすることによって、花粉症になることを防ぐこともできますし、赤ちゃんが苦しまない為には予防をしっかりとしておきたいですね。

このように赤ちゃんの花粉症が低年齢化しているので、赤ちゃんだから大丈夫ということは言えなくなってきています。

少しでも気になる症状があれば、小児科で診察を受けて花粉症かどうかの診断を受けるようにしましょう。

関連記事→子供の花粉症にメガネやゴーグルはどう?

お勧め関連動画


卒園式のマナー、詳しくわかりますか?
卒園式について書いた記事をまとめてみました。
関連記事→卒園式の服装や髪形のまとめ記事

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る