妊婦の花粉症、目の痒みに目薬は使っていい?

 

花粉症の代表的な症状にアレルギー症状がありますよね。

そのアレルギー症状の一つに目の痒みがありますが妊婦さんにはつらい症状です。

妊婦さんが花粉症にかかってしまった際の目の痒み対策についてお話します。

スポンサードリンク

関連記事→妊婦の花粉症、薬は飲める?対策・治療法が知りたい!

 

根本的に花粉の接触を減らすこと

外に出ないことが一番ですが、一歩も外に出ないことは不可能なので外に出るときは花粉防御用のメガネやゴーグルを使用したりマスクをすることで、花粉を寄せ付けないことが重要です。

また、コンタクトを使用してる妊婦さんもいますが、花粉の時期はコンタクトの使用を避けます。

コンタクトをしているとレンズに花粉がついてしまい、長い間アレルギー反応が出てしまう可能性もあるため、メガネに変えることが花粉症の目の痒み対策に有効と言えます。

関連記事→妊婦の花粉症にはヨーグルトがお勧め!?

 

服装の素材に気をつけること

もこもこしてる素材は花粉をくっつけてしまうので、表面がツルツルしているものを選ぶようにします。

静電気によって花粉が服に付着しますので、静電気防止スプレーを使用するのも良いです。

そして、室内に花粉を持ち込ませないようにするため帰宅後花粉を叩き落して、鼻をかみ、目や顔を洗うことを心がけるのも有効な方法と言えます。

洗濯物を取り込むときに、たたくと花粉が飛び散るので払い落とすように落としてから取り込みます。

布団乾燥機や除湿機や乾燥機を活用し、部屋干し用の洗剤を使用して外に干さないようにするのも花粉を寄せ付けない意味では有効と言えるでしょう。

日常生活を過ごす上で花粉症などのアレルギー反応が酷くならないような、起こらないような生活を送ることも大切です。

アルコールやタバコ、辛い物など粘膜を刺激するようなものを極力避け、規則正しい生活を心がけストレスを溜めないようにすること、花粉症シーズン前に風邪を引かないようすることも花粉症が酷くならないようにするために大事なことです。

花粉症に効果のある食べ物としてヨーグルトなどの乳酸菌を摂取することや甜茶を取り入れることもおススメです。

ただし、甜茶の中ではカフェインが入ってるものもありますので、カフェインが入っていないものを選びましょう。

スポンサードリンク

関連記事→妊婦の花粉症の予防法が知りたい!

 

花粉症グッツを活用することも対策として有効

花粉を寄せ付けないグッツを利用し、花粉をブロックするようなスプレーを顔全体にかけることで目の痒みの軽減につながります。

また、目を洗うことも有効です。

目を洗浄する専用の薬を使っても問題ありません。

妊婦さんが花粉症で目の痒みに悩まされて目薬を使用することは大丈夫なのかと不安になってしまう人もいるでしょう。

目薬には妊婦は使って良いものと悪いものがあります。

外見で見極めるには、価格が安いものは問題なく使用できると言えます。

高いもの(1000円以上)は妊婦が使用できないものである可能性がありますので、薬剤師さんに相談することをおススメします。

目薬に使われることのある成分「プラノプロフェン」動物実験で出産を遅らせてしまう効果が出たこともあり、特に妊娠後期においてはこの成分が含まれている目薬の使用には注意が必要です。

ちなみに、コンタクトをしたまま使用できる花粉症の目薬は現時点では妊婦さんが使っても問題ないとされています。

花粉症による目の痒みに悩まされてる妊婦さんが目薬を使用する前に使っても良いかどうかを確認してから使ってください。

花粉を寄せ付けない対策や食品を取り入れたり、花粉をブロックするグッツなどを活用することが花粉症による目の痒みを軽減できることにつながると言えます。

関連記事→妊婦の花粉症、喉が痛い場合はどういう対処をする?

お勧め関連動画

卒園式のマナー、詳しくわかりますか?
卒園式について書いた記事をまとめてみました。
関連記事→卒園式の服装や髪形のまとめ記事

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る