赤ちゃんが引越しでストレス?軽減させるにはどうする?

 

赤ちゃんは大人が思っている以上に自分のまわりの環境にとっても敏感です。

私自身、娘が1歳になる手前に引越しを2回しなければいけない状況になり、最初は頭を抱えました。

引越しなんて大人だけでも大変なのに、赤ちゃんを抱えていったいどうすればよいのか…。

引越しが決まった当時は途方に暮れました。

しかし、なんとか無事に2回の引越しを乗り切りました。

その時の経験談について書いてみますね。

スポンサードリンク

関連記事→子連れの引越しの手続きは何が必要?

 

引越し屋さんのフルサービス

赤ちゃんのスペースはベビーベッド、おもちゃなど日常に必要なものばかり。

このスペースは引越し当日までほぼそのまま確保して、特に片付けませんでした。

そうすることで赤ちゃんに普段どおりの生活をしてもらい、できるだけストレスをかけないようにしました。

引越しの一番の大変な作業は荷造りですよね。

必要なものはギリギリに段ボールへしまうのですが、あらゆるものをすべて整理して段ボールへ詰め込まなければいけません。

ただでさえ、赤ちゃんのお世話にかかりっきりなのに、そんな作業いったいどうやってやったらよいのか…。

それを解決してくれるのが引越し屋さんのフルサービスです。

私自身、引越しはいつも自分で荷造り、荷ほどきをしていたので知らなかったのですが、引越しサービスには荷造りから荷ほどきまでしてくれるフルサービスがあります。

これを利用すると、自分で荷造りをしなくても引越し業者が引越し当日もしくは前日にやってきてすべてやってくれます。

お値段はかかりますが、私はこのサービスを利用して、とっても助かりました。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんとの引越し、タイミングはいつがいい?

 

魔法の引っ越しで赤ちゃんのストレスも軽減

引越し当日まで普通の日常を過ごしながら、当日だけ子どもを引越し業者が来るまでに祖母の家に連れていき面倒を見てもらい、そして新しい家で荷ほどき、家具のセッティングが完了したら、子どもを迎えに行きました。

子どものスペースにあるものやおもちゃなどはもちろん以前と同じだったので、子どもは家だけまるごと変わったのを不思議そうに見ていたのが忘れられません。

普通引越ししてから何日もかけて段ボールから荷物を出して整えるのを、たった1日で住めるところまでセッティングしてくれるので、魔法のようでした。

大人は引越し当日は家具の配置や、物の位置などを確認して業者さんに指示しなければならないのですが、それでも自分たちで荷ほどきすることを考えるととっても楽です。 

その後の生活も環境が以前と比べると変わりますが、ほんとに1日でガラっと変わるだけで、引越し作業中の段ボールや物が散乱した状況が続くわけではないので、子どもにとっても悪影響ではないのかなと思います。

子どもは環境には敏感ではありますが、柔軟力も高いので、意外と慣れるのも早かったりします。

以前は階段がなかったアパートにいて、一軒家に引っ越して、初めての階段に興味をもつ子ども。

何度か階段から落ちながらも、危ない降り方をすると落ちるということを身をもって学び、そのうちに後ろ向きで上手に降りるようになりました。

そんな姿を見ていると、引越しでの環境変化も子どもにとっては学びの1つだと思えるようになりました。

ちなみに、引越し会社を使いたい場合は、一括で無料で見積もりの出せる比較サイトもありますよ。

関連記事→赤ちゃんが引っ越し後に泣くようになった!対処法が知りたい!

お勧め関連動画

卒園式のマナー、詳しくわかりますか?
卒園式について書いた記事をまとめてみました。
関連記事→卒園式の服装や髪形のまとめ記事

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る