妊婦の花粉症の時期はいつからいつまで?

 

ポカポカとした陽気に春の訪れを感じるこの頃。心がウキウキする一方で、一部の人を悩ませているのが花粉症です。

かくいう私もスギ&ヒノキの花粉症持ちなんです。

例年でしたらシーズン中ドラッグストアに並ぶ市販薬を購入し、花粉症にばっちり備えていました。

しかし今年は、そんな気軽に購入できる市販薬を使用できない事情がありました。

それは、妊娠です。

妊婦の花粉症について書いてみますね。

スポンサードリンク

関連記事→妊婦の花粉症、薬は飲める?対策・治療法が知りたい!

 

市販の薬を服薬のできない妊婦の花粉症対策

妊娠中は薬の服薬には慎重にならなければならない時期ですね。

私の住む地域では、スギ花粉のシーズン到来が2月の終わりだったのですが、その頃私はまだ妊娠4ヶ月(14週)でした。

(ギリギリ妊娠初期ですね)専業主婦なので、普段はあまり外出をしないのですが、買い出しの為に外にで出てみると、目が!鼻が!・・・か、かゆい!スギ・ヒノキと両方の花粉に悩まされている私は、花粉によって症状が違い、スギは眼が少し痒くなる程度。

ピークは3月半ばで既に落ち着いてきました。

が、問題なのは3月下旬頃から飛散が始まるヒノキなんです。

予想では3月下旬頃~4月上旬がピークとされていますが、毎年このヒノキに悩まされている私は飛散が始まるこの頃からもうピーク。

眼が痒くなり、鼻水が出て、くしゃみが止まらなくなります。

くしゃみが出るたびにお腹にグッっと力が入ってしまうので、「赤ちゃん、苦しくないかなぁ?」と心配になり、時にはくしゃみを我慢してしまうことも。

幸い妊婦検診の予定が近日にあった為、先生に花粉症の症状を伝えたところ、妊娠中でも服薬できる薬はあることにはあるそうなのですが、まだ妊娠14週と慎重にならなければならない時期の為、まだ服薬は避け、代わりに点眼薬&点鼻薬を処方していただきました。

また、くしゃみが出る度にお腹に力が入ってしまうことも相談したところ、くしゃみでの胎児への影響はないそうです。

心配し過ぎてストレスを溜めてしまう方が悪影響なので、リラックスしてね。

と先生が仰ってくださり、安心することができました。

ただあまりに花粉症の症状がひどく、くしゃみが続いてお腹が張りや痛みを感じるなどの場合は、念の為病院に相談すると良いかと思います。

ちなみにそれぞれの薬品名は下記のとおりです。

【点眼薬】パタノール点眼薬0.1% 5ml

【点鼻薬】フルナーゼ点鼻薬50μg28墳霧用 2.04mg4mL上記の二つを使用し、後はマスクやメガネで花粉症対策をして下さいとのこと。

それから花粉に悩まされる妊娠生活が始まるわけですが、これもまた妊娠中ならではの問題がありました。

スポンサードリンク

関連記事→妊婦の花粉症の予防法が知りたい!

 

妊娠中の花粉対策の落とし穴

妊娠4・5ヶ月の時期になりますと、すでにつわりが治まってきた人が多いかと思います。

しかし中には食事は問題なく食べられるけれど、妊娠してから周りの臭いに敏感になり、ご家族や他の男性の臭い、生魚の臭いなど、特定の臭いが苦手になってしまった方もいるかと思います。

そんな方に気をつけていただきたいのが、花粉症対策で大活躍のマスク。

口臭のない方でも、マスクは様々な原因で臭くなるため、この臭いがつわりの方に要注意なんです。

~マスクが臭くなる主な原因~

1.細菌やウィルスの繁殖風邪菌などの細菌がマスクに付着し、マスク内で繁殖してイヤな臭いを出す為、マスクが臭くなってしまいます。

2.唾液臭咳やくしゃみによってマスクに付着した唾液内の細菌が臭いを放出し、マスクが臭くなってしまいます。

口臭以外にマスクが臭く主な原因はこの二つですね。

私も花粉症対策に使用していたマスクがくしゃみですぐに臭くなり、臭いで気持ちが悪くなってしまいました。

続いて、マスクの臭い対策です。

~マスクのにおいを防ぐ方法~

1.こまめに交換する在宅時はもちろん、外出する際も換えのマスクを持ち歩き、こまめに交換しましょう。

2.マスクに香り付けをする。

コットンに数滴アロマオイルを落とし、マスクと一緒にしのばせるだけで、きつ過ぎずふんわりと自然な香りをマスクにうつすことができます。

妊婦さんにオススメのアロマオイルの代表例といえは、レモン・グレープフルーツ・ベルガモットなどの柑橘系です。

どれも妊娠中のブルーな気分をリフレッシュしてくれて、食べつわりの妊婦さんにもオススメな香りなんですよ。

※アロマオイルの中には妊娠中避けた方が良い香りもあります。

有名なのは、ジャスミンの香り。

こちらは子宮収縮を促して、ホルモンバランスに影響を与えるといわれています。

他にも様々なNGアロマがあるので、使用前に皆さん十分注意してくださいね。

ここまでが点眼・点鼻薬、マスクを活用しての花粉症対策でしたが、薬を服用できなくても、毎日の食事を見直して免疫力アップを目指したり、生活環境を整えて過ごしやすい環境をつくるなど、花粉症対策は色々とあります。

普段の花粉症も辛いものですが、大事な妊婦生活。

穏やかに過ごしていけるよう、まだまだこれからも色々と試してみたいと思います。

関連記事→妊婦の花粉症の治療法はどうする?原因は?

お勧め関連動画

卒園式のマナー、詳しくわかりますか?
卒園式について書いた記事をまとめてみました。
関連記事→卒園式の服装や髪形のまとめ記事

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る