人生を楽しんでいる後姿を子供に見せたい♡

妊婦で引越し!間取りはどんなものを選ぶ?

Yoshi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
こんにちは。 当サイト管理人のYoshiです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 わたしはフランスの田舎街で、フランス人夫、二人の娘、ネコと暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました! 笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。 こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

 

私も妊娠を機に引っ越しをしました。

これから引っ越しを考えてる妊婦さんに、私の経験を踏まえてお勧めの間取り、部屋を選ぶ時の注意点などお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→妊婦の引越し、荷造りはどうする?

 

妊婦と言えば悪阻

悪阻は無い方もいますが経験する方の方が多いんではないでしょうか?

私も勿論ありました。

色々種類はありますが「匂い」に敏感になる方は多いのではないでしょうか?

私は「白米」「台所のシンク」の匂が駄目でした。

引っ越す前の家は、台所を通らないとお風呂にもトイレにも行けず…息を止めて通っていた覚えがあります。

ここでオススメしたいのが玄関から直ぐに入れる独立した部屋がある間取りです。

台所からの匂いを防ぐ事ができますし、他の部屋の音も気にならずゆっくり休む事が出来ます。

私も以前は、夫の食事中に同じ部屋に…と、とても苦痛でした。

また、出産後は赤ちゃんとの生活が待っています。

母親は赤ちゃん中心の生活になりますが、仕事をしている旦那さんはそうはいきません。

この独立した部屋があると、旦那さんが遅くに仕事から帰ってきても、この独立した部屋で過ごせば「赤ちゃんを起こしてしまうかも」と心配する事もなくなると思います。

夜泣きで起きて寝不足で会社へ…なんて事にもなりません。

また、将来は子供部屋にも出来るので、一石二鳥ですよ。

スポンサードリンク

関連記事→妊娠中の引越し、ストレスを軽減するには?

 

部屋を選ぶ時の注意点

皆さん赤ちゃんの事を考えて、段差など危険な場所はないか確認しますよね?

赤ちゃんの事を考えるのは、勿論大事なんですが、「自分」の事も考えてみて下さい。

泣くのが仕事な赤ちゃん。

引っ越し先は沢山泣いてもいい環境にありますか?

お年寄りなどが多く住んでいる静かな地域だと、泣き声がクレームにならないとも限りません。

母親は赤ちゃんが泣くと、ハラハラしてしまいます。

小さな子供がいる家族が多く住んでいる場所を選びましょう。

私も今住んでいる家は、色んな時間に色んな所から赤ちゃんの泣き声が聞こえますが、自分も小さな子供がいるので気になりません。

近所のママさん達も気にならないみたいですよ。

あと一点、日当たりのいい部屋を選びましょう。

妊娠中大きなお腹で動くのが辛くなったり、病院から安静と言われたり、家で過ごす時間が長くなりがちです。

その間カーテンを開けて日光浴をするだけで気分転換になります。

私も切迫早産の危険があり、自宅でトイレ以外動いてはいけない絶対安静で気がめいっていましたが、外の光を感じるだけで気持ちが楽になったのを覚えています。

勿論、赤ちゃんにも自然光はとてもいいですよね。

節約面を考えても、天気のいい日中は電気を付けずに過ごせるのでとてもいいですよ。

妊娠中の自分が快適に過ごせるように、赤ちゃんを迎えて家族皆が快適に暮らせるように、広い視野を持って部屋を選んで下さい。

壁紙がお洒落、築年数が新しい…など色々希望はあるかと思いますか、一番重要なのは暮らしやすさです。

私の経験が、少しでもお役に立てばと思います。

ちなみに、引越し会社を使いたい場合は、一括で無料で見積もりの出せる比較サイトもありますよ。

関連記事→妊娠中に引っ越し、病院の変更はどうする?

お勧め関連動画

卒園式のマナー、詳しくわかりますか?
卒園式について書いた記事をまとめてみました。
関連記事→卒園式の服装や髪形のまとめ記事

ひな祭りについて詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

端午の節句について詳しく書いた記事をまとめてみました。
関連記事→こどもの日(端午の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
こんにちは。 当サイト管理人のYoshiです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 わたしはフランスの田舎街で、フランス人夫、二人の娘、ネコと暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました! 笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。 こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 🌸ママの仕事と子育て両立への道🌸 , 2017 All Rights Reserved.