乙女心でお得に読める漫画を紹介します☆

ハコイリのムスメ【35話】最新話のネタバレと感想!卒業、別居、結婚!?二人の未来は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ハコイリのムスメの最新話もう読んだ?どうだった?

うん!読んでとっても良かったよ!ハコイリのムスメの最新話のネタバレを話してみるね!

2021年3月26日発売のCookie  2021年5月号の最新話を読みました!

ハコイリのムスメ【第35話】について、あらすじとネタバレ、感想をまとめてみます。

 

ハコイリのムスメを無料で読む方法と過去のあらすじまとめはこちらになります。

>>最新漫画を無料で読む方法はこちら

もし文章のネタバレではなく、絵付きで漫画が読みたければ、U-NEXTで31日間無料で読めますよ。

/600円分のポイントプレゼント!\

 

ハコイリのムスメ【第35話】最新話のネタバレ

地元観光

わざわざ来てくれたのに去年みたいにうちに泊まれなくてごめんね、あの時はおじいちゃんが出張で留守だったから奇跡的オッケー出たけど普段はダメなんだ。

と笑顔で話す珠子。

ホテルはホテルでめっちゃ楽しいし、いいよねこのホテルと話すサクと綾乃に来てくれて嬉しい、暇を持て余しちゃってと話す珠子。

よし、頑張って笑ってるな!と親指を立てる綾乃。

事情知ってるとはいえ旅行中ずっとジメジメした奴と行動したくないわけよときっぱり告げる綾乃。

帰る前日に飲んだくれよーぜ、そん時にいくらでも話聞くぜー。

三人で三日間珠子の地元を楽しもう、無理にでも笑ってればそのうち本当に楽しくなるかもよ、と二人に言われ、瞳を潤ませる珠子。

湿っぽい薫すんな!と綾乃が怒った。

 

真っ直ぐな言葉

大森も旅行誘われてたの?行けばよかったのにと紀之。

どうせ家で一日中ゲームしてるだけの夏休みなんだからと言われた優を見て、好きにしていいと思うけどと紀之。

優には困ったもんだ昔っからいつまでもネガティヴに物事引きずってと話す大森にうるさいよお兄ちゃん!と声を荒げる優。

小一の時男子にブスって言われたの未だに根に持っててどんだけそんなことないって言っても自分はブスだって譲らないんだぜ?と言う大森。

紀之は大森はブスじゃないでしょと言った。

スポンサードリンク

大森がサークルに入ってきた時珠子が綺麗な子が入ってきたって騒いでて、直に大森にも伝えたはずだけどなんかすげー嫌がられたってと話す紀之。

違うの!珠子先輩は優しいからあたしみたいな地味ブスでも褒めてくれるの!と優。

珠子に言われて大森見たらたしかに背が高くてスタイルいいし顔整ってるし肌もすげー綺麗だし、たしかに綺麗だな、と話す紀之。

しんとなったのを見て、もしかして俺今キモイですか?と大森に聞く紀之。

がたっと立ち上がった優が階段をかけあがっていく。

なんかまずかったっすか、と聞くと俺はあいつの気持ちがよくわからんから、けど俺は嬉しかったわ、妹を褒めてくれてありがとう津川くんと大森は言った。

部屋で泣いている優はお姉ちゃん、私おしゃれしたい、他の子みたいに綺麗になりたいと泣きながら言った。

 

家の事情

楽しかったね、私地元民なのにあの美術館初めて行ったよと笑顔の珠子。

最終日部屋飲みでよかったの?と聞くといーのいーの地酒もビールも買い込んだし、ホテルのルームサービスお手頃価格で美味しそうだしと答える綾乃。

津川の話で珠子が泣く可能性が高いから他のお客に水をささないようにと心の中で思うサク。

スポンサードリンク

おじいちゃんの話聞いた時は目の前が真っ暗になって、長く離れて暮らすなんて寂しすぎるじゃーんと酔っている珠子。

来年から紀之さんは仕事で会えなくなるだろうし、仕事に送り出して出迎える生活を想像してたのに、と俯く姿を見てそろそろ泣くかなと思う二人。

でもありがとう、ずっと落ち込んでたけどすごく気持ちが落ち着いた、と笑う珠子。

おじいちゃんに早く認めてもらえるよう紀之さんに頑張ってもらうしかないね、と言った珠子になんか気に入らんと綾乃。

紀之ばっか苦労しそうじゃん、あんた自身は二人のためになんにもしないの?と問う綾乃に、会社にお弁当届けたり、と答える珠子。

喜ぶかもしんないけどそーゆーことじゃないだろ!

と言った綾乃は紀之は来年からでも珠子と二人で暮らしたいって言ってんでしょと言われて、絶対無理だからと答える珠子。

なんで無理?お金に困ってないいい大人が、珠子自身の口座にもお金あるんじゃないの、アパート借りられるぐらいの。

と言われておじいちゃんが作ったお金だし二人暮らしができないのはお金の問題じゃないと答える珠子。

じゃ、なんの問題?と聞かれ、私が園田家の一人娘だからと答えると関係ない、努力しない言い訳にならないと告げる綾乃。

私は紀之さんも大切だけど家族も大切だし親孝行っていうか・・・

と答えると、一緒に暮らさなかったり夫が会社継がなかったりしたら親不孝になる意味がわからん。

そんな家族死ぬほどいるけどそんなことくらいで娘への愛情が消えるほど珠子の家族は薄情なの?と問う綾乃。

無言のままだった珠子がそろそろ帰るね、と立ち上がる。

綾乃さん余計なお世話だよ、紀之さんは園田家の事を理解してるし別居は我慢する。

大きな問題はないし、家を守るって古臭いかもしれないけど私も紀之さんも津川家を含めた家族全員この形で幸せなの、と背中を向けたまま言って部屋を出た珠子。

 

紀之と園田家

どぉした、いきなり園田家批判、と聞かれた綾乃は、紀之の気が変わるかもしんない、この間卓と飲んでる時に聞いた。

まだどうなるかわかんないし何かあったら紀之は珠子にちゃんと伝えるだろう。

けど、今の珠子じゃイキナリ爆弾落としたとして珠子にとって一番後悔のない選択をできる気がしない。

と聞いたサクが津川より園田家を選ぶ?と言った。

でもそーだよね、津川にも好きなことやって生きる権利あるよね、そりゃそうだよ誰にとっても自分の人生は自分だけのものだもんと二人は話していた。

家に戻って来た珠子は綾乃との話を思い出す。

家庭なんて千差万別なんだから我が家の事情なんてわかりっこないよ。

おじいちゃん達は私を大切に育ててくれた、あんまりわがまま言って紀之さんとの結婚がどうにかなっちゃったら、と悩む珠子。

みんな私がこの家に戻るのを待っていた、東京に行くのをゆるしてくれた。

園田家を脱ぎにして今の紀之さんとの関係はなかったんだよ、紀之さんは納得してくれてるのになんで綾乃さんにあんなこと言われなくちゃいけないの。

と俯く珠子だった。

 

書評を書く

紀之さん今日は遅くなりそう?

と聞くと今日は大森さんいないし昨日の残りだけやって早めに帰るわ、と答えた紀之に、夕方一緒にお買い物行く?

と聞いた。

おう、と答えた紀之を送り出した珠子。

夏休みが終わってまた当たり前のように紀之との生活に戻った珠子。

来年から離れ離れは本当に寂しいけど残りの日々を楽しもうと決めた珠子。

綾乃とサクには1週間経って謝罪のラインを送れた珠子。

紀之は大森から書評を頼まれ、バイトの一貫だと思って明日までによろしくと言われた紀之は、珠子に部屋に籠るわといった。

明日までにやることがあって集中したいからと聞いた珠子は、大変そうだね頑張って、夕ご飯部屋に持ってくねと応援した。

部屋で書評を書く本を読む紀之は、大森さんに無茶振りされて書評を書かされるってなんで珠子に言わない。

まだ何もいえない、言えることがない、作家の家でのバイトが興味深くてすげー楽しい、今の俺は所詮それだけ、と思う紀之。

次の日、大森は大丈夫、お疲れお疲れ、と淡白な反応だった。

ゴーストライターデビューおめでとう、と卓に言われた紀之。

俺大森さんに褒められようとしてた、けど大丈夫ってそれだけでめちゃダサくない?

俺、というと津川くんの文天才!とか言って欲しかったのか?と卓。

もうちょい肯定されたかったのかも、と呟いた紀之に、背中を押されたかったわけ?

それって答えは決まってるってことじゃないの?

だとしたら答えと向き合えてないってだけだろう、と卓は言った。

珠子何してんの?と声をかけると東京タワー見てたと返ってくる。

東京タワー大好き、ここに立って一番最初に目に入ったのが東京タワーだったから、と話す珠子に初耳のようなと相槌を打つ紀之。

今度行く?と聞くと今は見てるだけでいい、行きたくなったら一緒に行ってくれる?

と聞かれて、そりゃいーけどと答えると珠子は嬉しそうに笑った。

 

紀之の決断

コップに入った木の枝と蛹を見て何これ、と珠子に聞くと調べたらアゲハ蝶だって、散歩に行ったら地面に落ちてた、と返ってきた。

なんか黒ずんでるけど生きてんのコレ、と聞くとわかんない、落ちてたから死んじゃってるかも。

と聞いてスマホで調べた紀之は生きてるかも羽化直前は黒っぽくなるっぽい、と言った。

ちょうちょになるところ見たい!

今日はずっと見てよー!と珠子が目を輝かせた。

夜になり、紀之さーんもう今日は出てこないよ。

と珠子が言うと、めっちゃ楽しいコイツ見ながらビール飲むの、コイツの生態調べたり。

と聞いた珠子ははいはい、私は寝るねと眠そうに言った。

蛹を見つめながら卓の言葉を思い出す紀之。

パキッと音がして顔をあげると蛹が羽化を始めていた。

それを見ながら、俺はジャーナリストになりたい。

知りたい事を追いかけて世界中どこへでも行く。

そして発信する、いつでもどこへでも行けるとは思わない、形になるかわからない、金なんか儲からないだろう。

けど足掻いてでも行こうとする人生をやっぱり選びたいと思う紀之の前で蛹からちょうちょが羽化していた。

 

次回に続く

 

ハコイリのムスメの過去のあらすじまとめはこちらになります。

最新話の掲載雑誌をすぐに無料で読む

わー詳しくありがとう!だけどやっぱり漫画は絵を見ながら読みたいかも!安くてお得に読める方法知らないかな?

それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね!

あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。

以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。

しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。

こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。

サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数
U-NEXT 600ポイント 今すぐ1冊が読める
ebookjapan すべてのまんが、本が50%OFF 約3冊分!
BookLive 50%OFF! 無料漫画多数!
FOD PREMIUM 初回2週間無料 漫画も動画も見れる!

>>最新漫画を無料で読む方法はこちら

これらのサービスを使うと、無料お試し期間やポイント、割引クーポンがもらえて、それを使って新作の漫画を買えたり、動画まで見ることができるんです!

また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

最新話を絵付きで読みたいと思ったら、ぜひお試しください!

   

▼31日間無料で今すぐ漫画を読む▼

  U-NEXTを無料で登録&解約できるか不安な方はこちらをご覧ください。

 

ハコイリのムスメの最新話の感想と考察

紀之はやっぱりそうなるよねー。

珠子は紀之を信じてるって感じだけどどうなるんだろう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人向け漫画サイト , 2021 All Rights Reserved.