乙女心でお得に読める漫画を紹介します☆

【インザハウス】最新話ネタバレとあらすじまとめ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

インザハウスってどういうお話なのかな?

こちらにあらすじをまとめてみるね!ぜひ気になるところから読んでみて!

小宮みほ子さんのインザハウスの漫画の内容を知りたいと思っていませんか?

こちらで漫画のあらすじをまとめてみます。この記事を読むと、インザハウスのあらすじを理解することができます。

また、過去の話毎にネタバレも記載していきます。

ネタバレを知りたくないという方は要注意してくださいね!最新話のネタバレはこちらに書いています。

>>最新漫画を無料で読む方法はこちら

もし文章のネタバレではなく、絵付きで漫画が読みたければ、U-NEXTで31日間無料で読めますよ。

/600円分のポイントプレゼント!\

インザハウスのあらすじまとめ

初めて参加するサッカークラブの練習で、啓太との親子の距離がぐっと近づいたように感じて嬉しい橙子。

それを見ていたナガイはつまらないと街中へ消えていく。

橙子の前から突然姿を消してから2日が経っても、瀧澤家に帰ってこないナガイ。

橙子たちが心配している中、ナガイは自分の家に帰っていたのだ。

そこでナガイは思わぬ人物と鉢合わせする――

 

▼話数のタップで知りたいお話へ飛びます▼

インザハウス各話ネタバレ
10話 11話 12話 13話 14話
15話 16話 17話 18話 19話
20話 21話 22話 23話 24話

 

インザハウスネタバレ一覧

10話のネタバレ

啓太のサッカークラブの練習を橙子とナガイ。

ところが一緒に見ていたはずのナガイが突然姿を消した日、ナガイから橙子のスマホに今日の夕飯も明日の朝食もいらないとメッセージが届く。

翌日の朝、何か新しいメッセージが来ていないか確認したが、音沙汰なし。

心配そうな顔でスマホを眺める橙子に、義也がナガイはまだ帰ってこないのかと問う。

橙子も連絡がないから分からないと返事をすると、義也は所詮は他人だからな、とナガイのことを吐き捨て、自分の部屋に戻っていった。

橙子はそんな義也の態度にムッとする。

スポンサードリンク

橙子もお花の水を入れ替えるために義也の部屋に入る。

ふと、おばあちゃんの遺影が目に入り、橙子はナガイとしたおばあちゃんについての会話を思い出した。

橙子は義也に何か言おうと声をかけるが、それに被せるように義也から声をかけられた。

ナガイには気をつけろ、と。

橙子はどういうことかと問う、それが分からないからナガイは不気味だ、と答える義也。

ナガイを危険視している義也に余計なことは言わないでおこうと、橙子はさっき口から出そうになった言葉を飲み込んだ。

義也は更に、ナガイがこのまま帰ってこなければ平和なのに、と言って嘆く。

それに対して、ナガイが出て行くなら私も出て行きますと返す橙子。

橙子のその言葉に戸惑いを隠せない義也。

そこへ松藤が早く出ないと会社に遅れると義也に声をかけてきた。

スポンサードリンク

先に行く松藤を追うように義也は自室を出ようとするが、そこへ橙子がこの家はナガイがいるから家族として成立していることを忘れないで、と釘を刺す。

まっすぐな瞳を義也に向ける橙子、ナガイに信頼を寄せる橙子に戸惑う義也。

2人の思いは対立するのであった――

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

11話のネタバレ

家族ものの映画の内容にかなり入り込み涙が止まらなかった橙子は泣いた原因を話始める。

松藤に自分の家族関係(親とうまくいっていなかったことや、弟の方が親のお気に入りであったことなど)をポロリと話す。

 

そして、自分の家族から逃げるようにして瀧澤家に嫁いできた橙子は毎日泣いていたのだが、滝澤家の祖父と祖母のおかげて寂しくなかったのだ。

 

回想の中で実家の家族が待つ家に帰りたくなくて、仕事の帰りには毎日飲んで帰っていたと告白する橙子。

『私はダメダメです』橙子の暗い過去は彼女の自尊心を蝕んでいるのか。

橙子の闇に触れて松藤は同情の顔色をする。

 

家族は一つの家に帰るという約束があるんだから、『橙子さん君もこの家の家族だから、いつでも帰っておいで』と、言ってくれた祖父の暖かさを思い出す。

夫よりも家族であった滝澤家の両親に、思い入れがあるのは橙子だけではなく、啓太もまたそうであった。

 

橙子は、滝澤家の両親が居たからこの結婚生活も成り立っていたのだ、という。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

12話のネタバレ

橙子たち家族は親戚の法事の会食に来ていた。

橙子は、会食中、親戚たちに取り皿を配ったり、ビールを運んだり、お酌をしたりとせわしなく動いていた。

働く橙子に、ずいっと義也は皿を不愛想に差し出す。

相変わらずの義也に苛立ちを隠せない橙子は、テーブルの上にどんっとお茶を出す。

義也に花澄について訊ねると、義也の弟、昭義の子供たちに庭で遊んでもらっているようだった。

昭義が啓太に「一緒に外行かないの?」と聞くも、橙子が代わりに、啓太は病み上がりだと伝える。

啓太が熱を出したときに、義也が病院に連れていったのだと説明すると「へぇ、兄さんが?」と珍しがる昭義。

周囲が自分のことを話しているにも関わらず、黙っている啓太。

居心地が悪くなった義也は、言い訳をしてその場から立ち去ってしまう。

「まぁ、兄さんは昔からああいう人だから」と話す昭義は、義也のことをプライドが高くて、いつも自分優先、お父さんという柄じゃないと言う。

昭義の妻は、失礼だとたしなめ、橙子に「奥さんなんだから」と自分の旦那にはビシッと言うべきだと意見を言う。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

13話のネタバレ

啓太と花澄が遊園地に興奮して叫びながら走り出す。

走っていく啓太達に松藤とナガイがついていった。

橙子は義也に家族ででかけるのは久しぶりだから啓太達はよっぽと嬉しい事、お父さんは家にいなかったと嫌味を言う。

気まずい顔の義也ですが、今回の遊園地行きは子供達がゴールデンウィークで暇そうだからと、彼が提案した事だった。

義也は当たり前のようについてきた松藤とナガイを見て、やっぱりついてくるんだなとぼやく。

光るくまの耳をつけたナガイと啓太達はジェットコースターへ向かった。

絶叫が苦手な橙子と松藤は残り、ナガイだけに子供達を任せたら悪いからと、義也についていくように橙子が言った。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

14話のネタバレ

GW、橙子達家族は全員で、大型家具店に買い出し行くことになった。

側から見ればどういう関係性かわからない家族だ。

ソファーがあるぞー!と子供たちも楽しそうに、はしゃいでいる。

そんな2人を静かにしてねー、と注意する橙子。

買うもの決まっているんですか?家具見るの楽しみですね。

と橙子と松藤も少し、はしゃぎ気味だ。

そんな様子を見守っている父。

だが、2人きりになると、ナガイは松藤に友達多そうなのに、連休に予定がないことを指摘してきた。

すると松藤は、5年も不倫していたのよ。

友達もみんな離れていったわよ、GWもクリスマスもお正月も、わたしはいつも1人よ。

と少し強く言った。

するとナガイはまあ自業自得ですよね。

と冷たく言った。

少しも俺は同情しませんけど、一人ぼっちは辛いですよね。

と少し寂しそうな顔をして言ってきて、スタスタと1人で歩いて行ってしまった。

そんな様子を気にする様子はなく、子供達はあっち行きたーい!

お父さん行こー!

と言い出し、橙子も家具は私たちが選ぶから、子供達をお願い、と頼んだ。

橙子は任せられるなんてラッキー、と思い家具選びに専念することにした。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

15話のネタバレ

ナガイは夢を見ていた。

おばあちゃんと一緒にいる夢だ。

おばあちゃんとカフェで話している。

今日ね、わたし誕生日じゃない?お嫁さんが張り切ってご飯作ってるのよ。

その言葉を聞きナガイの顔は少し悲しそうだった。

その一瞬の顔を見逃さなかったおばあちゃん。

もう少し一緒にいようか?と、声をかけてくれたがナガイはおばあちゃんを家族の元へ返した。

だがその背中はとても寂しそうに見えた。

その時夢から覚めたのだ。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

16話のネタバレ

義也は家までの道を歩いていた。

だが足取りがいつもより重い。

自分の家に帰るのになんでこんな気持ちにならないといけないんだ。

そう思い歩いていると家に着いた。

家に着くと夕飯ができていたが、橙子と2人きりだった。

松藤がいないことを橙子は知っていたが、自分は知らされておらず、この前のことが原因だなと思った。

橙子は2人きりだと分かると大きなため息をついた。

2人きりは気まずいと思った義也は世間話を始めた。

今日のご飯おかず多くないか?

2人の時は少なくていいんだぞ?

そう声をかけたが、その一言に橙子はムスッとした。

昔からおかずが少ないって怒ってたのはあなたでしょ。

そう言われさすがに義也は黙った。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

17話のネタバレ

啓太は友達の由惟のお母さんがとても綺麗だったと興奮気味だ。

お母さんを褒められて由惟は満足そうだ。

周りの友達は由惟のお母さんが見れなくて残念そうだった。

サッカー教室が終わると啓太は由惟と一緒に帰っていた。

すると由惟が啓太のキーホルダーを褒めてくれた。

啓太は由惟のお父さんのことが気になり、由惟くんのお父さんはどんな人?と聞くと由惟は表情を変えないまま、お父さんには会ったことないといった。

そしてお母さんの彼氏は何回も見たことある。

と言ってきたので啓太は少し驚いたが、それよりも由惟くんはお父さんがいなくて寂しくないのかが気になったので聞いてみると、由惟は全然寂しくないと答えてくれた。

自分のお母さんには自由に生きてほしいらしい。

それに自分は唯一、お母さんと呼べる存在だからと笑顔で言っていた。

そんな由惟と話をして啓太は少し考え方が変わった。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

18話のネタバレ

朝から香澄と啓太が揉めていた。

今週、運動会があるらしく、そこで敵同士の2人は家でも何かと争っていた。

登校する時も競争をして、橙子に怒られた。

 

やっと2人が学校に行き落ち着いたので、橙子はゴミ出しに行こうとした。

するといきなり義也がゴミ出しに行くと言ったのだ。

今まで家の手伝いなんてしたことなったのに、急にゴミ出しに行くなんていうから、橙子は戸惑いながらゴミを渡した。

 

そんな様子を見ていた松藤は、義也が少しずつ変わっていってることが嫌ですぐにその場から去り、仕事に向かった。

橙子はむしろ松藤の元気がないことに気づき、義也に最近何かあったのか聞いたが、さすがの義也も松藤とのことは橙子が心配することじゃないと言い残して、仕事に向かった。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

19話のネタバレ

橙子はとっても張り切っていた。

おばあちゃん達がいなくなってから初めての運動会。

子供達が寂しがらないように賑やかな方がいいなって考えてたら、まさかお父さん、松藤、ナガイ全員来てくれたから嬉しくてと話していた。

そんな話を聞き、松藤は少しでも橙子に協力したいと思い作り笑顔を続けた。

なんとなく全員でいると空気が重いこと、橙子も気が付いていた。

松藤は橙子や子供達のために、カメラ係に立候補しナガイにもカメラ係をやるように進めたが、ナガイにカメラ係を断られてしまった。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

20話のネタバレ

義也は洗面所で松藤と入れ違いになった。

義也は少し気まずそうな表情をしていたが、松藤はいつも通りだ。

義也が気まずそうにしているのに気がついた松藤が義也に言った。

この家は私の家でもあるからと。

そして立ち去る時に、もうあなたには特別な感情を持っていないからと伝えた。

その言葉を聞き自分勝手だが、義也はありがとうと呟いた。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

21話のネタバレ

橙子はナガイを探しに寝室へ向かった。

だがナガイのことは見つけられなかった。

その頃、義也はナガイに首を絞められ苦しんでいた。

ナガイは怖い顔のまま義也の部屋を後にした。

後日みんなで食事をしている時に、松藤の様子がおかしいことに橙子が気付いた。

体温を測ってみると、38度の熱があった。

その様子を子供達も心配そうに見つめている。

松藤を寝かせ、スポーツドリンクを持って行こうとしたが、啓太が全部飲んでしまったらしく、家にスポーツドリンクがなかった。

橙子は義也にスポーツドリンクを買ってくるように言った。

お父さんは重い腰をあげ買い物に行こうとした時、子供達も一緒に行きたいと言ったため、義也は子供達を連れてスポーツドリンクを買いに向かった。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

22話のネタバレ

珍しくリビングがとても静かだった。

ナガイは不在で、松藤は部屋で寝込んでいるからだ。

子供たちも、慣れない静けさに落ち着かない様子だ。

お父さんだけはその頃から、橙子の顔色が悪いんではないかと心配していたが、橙子はなんともないから大丈夫と言っていた。

橙子は松藤の風邪の具合を見に部屋へ入った。

松藤はゆっくりできたから、風邪はだいぶ良くなったと話し、ついでに義也と別れたことも伝えた。

すると橙子はとても驚いた様子だった。

松藤は義也と別れたが、まだこの家にいていいか橙子に聞くと、橙子はとても優しい表情で、もちろんこのまま住んでもらって構わない。

と言ってくれたので、安心した。

松藤は橙子の今後のことは、橙子が決めた方を応援すると言ってくれたので少し心が軽くなった。

実は昨日、橙子はいろんなことを考えすぎて一睡もできなかったのだ。

橙子はパートに向かう前、ナガイの部屋を家の外から見てみると窓が開いていた。

ナガイが部屋から出てこないのは、都合のいい時だけナガイに甘えた自分のせいだと思った。

そんなことを考えながら働いていると、急に息が上がり、動けなくなってしまった。

そしてそのまま意識を失った。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

最新話の掲載雑誌をすぐに無料で読む

わー詳しくありがとう!だけどやっぱり漫画は絵を見ながら読みたいかも!安くてお得に読める方法知らないかな?

それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね!

あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。

以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。

しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。

こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。

サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数
U-NEXT 600ポイント 今すぐ1冊が読める
ebookjapan すべてのまんが、本が50%OFF 約3冊分!
BookLive 50%OFF! 無料漫画多数!
FOD PREMIUM 初回2週間無料 漫画も動画も見れる!

>>最新漫画を無料で読む方法はこちら

これらのサービスを使うと、無料お試し期間やポイント、割引クーポンがもらえて、それを使って新作の漫画を買えたり、動画まで見ることができるんです!

また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

最新話を絵付きで読みたいと思ったら、ぜひお試しください!

   

▼31日間無料で今すぐ漫画を読む▼

  U-NEXTを無料で登録&解約できるか不安な方はこちらをご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人向け漫画サイト , 2021 All Rights Reserved.