乙女心でお得に読める漫画を紹介します☆

王の獣【23話】最新話のネタバレと感想!せめて、今だけ。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

王の獣の最新話もう読んだ?どうだった?

うん!読んでとっても良かったよ!王の獣の最新話のネタバレを話してみるね!

2020年11月24日発売のcheese! 2021年1月号の最新話を読みました!

王の獣【第23話】について、あらすじとネタバレ、感想をまとめてみます。

 

王の獣を無料で読む方法と過去のあらすじまとめはこちらになります。

>>最新漫画を無料で読む方法はこちら

もし文章のネタバレではなく、絵付きで漫画が読みたければ、U-NEXTで31日間無料で読めますよ。

/600円分のポイントプレゼント!\

 

王の獣【第23話】最新話のネタバレ

守りたいもの

墨を呼び出す璃琳に、頻繁に会えば怪しまれてしまうと、進言する墨。

その言葉に、璃琳は肩をビクつかせ、不安そうに瞳を揺らす。

江凱に、何か気付かれたのかと。

そのことを墨が否定しても、璃琳の不安定な様子は変わらない。

 

瞳に涙を溜め、ポツリと漏らす。

降嫁先が決まったの、と。

その言葉に、目を見開く墨。

 

天耀を呼ぶ、璃琳の淋しげな声が響いた。

 

好敵手

江凱は満足していた。天耀が、継承戦を受け入れたのだ。

皇帝の下。江凱が生まれた頃には、すでに2人の兄がいた。

覇気がなく気にも留まらない旺眞と、飄々として掴みどころのない麗雲。

 

そして江凱のすぐ下の弟が、天耀だった。

意志の強そうな黒い瞳で、江凱に真直ぐと笑いかけてくる弟。

スポンサードリンク

勉学でも剣でも、江凱が何かを習得する度に。

天耀の評判が聞こえてきた。

 

自分より幼く、けれど自分より実力のある存在として。

その頃には、江凱も理解していた。

自分と帝位を争うことになるのは、どの兄でもなく。

この、すぐ下の弟なのだと。

 

しかし。

天耀が従獣を迎え、その従獣を殺されて。

状況が一変していたことに、江凱はしばらく気付けなかった。

 

他皇子の様子がすぐ伝わる程、親密でもなければ、筒抜けでもない宮中。

スポンサードリンク

ことあるごとに引き合いに出されていた、天耀の話を聞かなくなったと気付いたのは。

事件から、1年が過ぎようとしていた頃だった。

 

急いで天耀の様子を見に行けば。

目に飛び込んできたのは、抜け殻のような天耀。

 

江凱は、拳を柱に叩きつける。

悔しかった。

弟の気質を思えば、想像できたこと。

しかしその喪失の度合いは、想像より遥かに深かった。

 

天耀は、腑抜けてしまった。

江凱は、好敵手を失ったのだ。

 

—-その天耀が、帰ってきた。

継承戦を受け入れた天耀に、江凱は素の自分を晒す。

天耀はそんな江凱を、慣れないのに妙にしっくりくると、混乱しながらも。

真直ぐに対峙する。

昔馴染みの、意志の強い黒い瞳で。

 

墨の隠しごと

天耀が帰った後、控えていた墨は口を開く。

念願の天耀との対峙が叶いそうで、よかったと。

そこに、江凱が切り込む。

本当にそう思っているのか。

 

動揺を隠す墨から、江凱はもう、目を逸らさない。

 

天耀の従獣が亡くなって、1年もした頃。

江凱の元に、璃琳が遊びに来ていた。

ふと、天耀の従獣の話に触れれば。

途端に手を震わせた璃琳。

そんな璃琳を。江凱の視線から隠すように、さり気無く庇った墨。

 

本当はずっと、気付いていた。

 

秘密を暴く江凱。

蛇に睨まれた蛙のように、墨は目を逸らせない。

怒気を孕んだ主の声が、墨を追い詰めていく。

 

束の間のやすらぎ

その頃藍月は、木陰で天耀を待っていた。

天気の下、外で茶を飲もうと。

先に向かっているようにと言われて。

 

かざす左腕に、もう腕輪は嵌っていない。

理由は分からないまま。

天耀は変わらず、やさしいまま。

 

約束の場所に迎えば、眠っている藍月。

それを見つけ、目を輝かせる天耀。

 

藍月を膝まくらし、天耀は大木に寄りかかる。

頭を撫でたい思いを、必死に抑えていれば。

藍月の尻尾が、フワフワと誘うものだから。

抗えない誘惑に、これくらいは許して欲しいっと。

そっと、手を伸ばした。

 

藍月が目を覚ますと。

飛び込んでくる天耀の顔と、大木の枝葉。

状況を察し、飛び起きる。

残念そうな天耀を尻目に、藍月は愕然としていた。

 

人の気配に、全く気付けなかったのだ。

仇を打つためにここまできて。

牙が抜けて、爪が丸くなったら。

とんだ役立たずだと、思い詰めてしまう。

 

そんな藍月を、もう一度膝に寝かせる天耀。

そこからしばらく、藍月と天耀の攻防が続き。

天耀の声が、藍月を解いていく。

 

藍月が起きなかったのは、身体が天耀を覚えていたからだと。

鼻が匂いを、肌が気配を。

安心できる存在として。

なら、悪いことではないと。やさしく、藍月を甘やかす。

 

あまりの多幸感と、少しのざわめきに。

藍月はクラクラした心地。

今この瞬間を。

天耀の匂いを気配を微笑みを。

いつか離れても、思い出せるように。

今だけは天耀のすべてでいっぱいにしておこうと、そっと心に決めるのだった。

 

次回に続く。

 

王の獣の過去のあらすじまとめはこちらになります。

最新話の掲載雑誌をすぐに無料で読む

わー詳しくありがとう!だけどやっぱり漫画は絵を見ながら読みたいかも!安くてお得に読める方法知らないかな?

それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね!

あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。

以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。

しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。

こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。

サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数
U-NEXT 600ポイント 今すぐ1冊が読める
コミック.jp 1330ポイント 今すぐ2冊が読める
ひかりTVブック 1170ポイント 今すぐ2冊が読める
music.jp 600ポイント 今すぐ1冊が読める

>>最新漫画を無料で読む方法はこちら

これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。

また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

最新話を絵付きで読みたいと思ったら、ぜひお試しください!

   

▼31日間無料で今すぐ漫画を読む▼

  U-NEXTを無料で登録&解約できるか不安な方はこちらをご覧ください。

 

王の獣の最新話の感想と考察

面白い。

この作品、大好き。

江凱の語る、「すぐ下の弟」。この言い回し好き。

講師を通して、いつだって比べられて。どころか幼い天耀の方が、どれも自分より秀でていて。

なのに江凱の表情が、ちっとも悔しそうでないのが、印象的だった。

むしろ、ワクワクしているような。

やりあえる相手、一緒に戦っていける相手を見つけたような。

少年然とした様子が、好ましかった。

江凱が、天耀の異変に気付いたのは、従獣を失くして1年ほどで。

璃琳と墨の様子に気付いたのも、同じ頃で。

何か、関連はあるのだろうか。

どっちの方が、先だったんだろう。

璃琳は、天耀との時間を。

墨は、おそらく璃琳を守ろうとして、犯してしまったこと。

江凱が見逃していたのは、何故なんだろう。

そしてずっと見逃していて、このタイミングで暴いてみせたのは。

天耀が継承戦の申し出を受けたことと、関係があるのだろうか。

続きが気になる!

せめて今だけは、という気持ちだけでいえば。

璃琳と藍月は、同じなのではないかなあと、思った。

藍月は璃琳を、許せるわけはないだろうけれど。

藍月のシーンは、キレイだった。

人の気配に気付けなかったと。

愕然とする藍月は最もだと思いながら、結局天耀に絆されてしまって。

それを、よかったね、と思う。

木漏れ日と、陽だまりと、柔らかな表情の天耀。

とても似合う。

木漏れ日の眩しさは、天耀の眩しさで陽だまりの匂いは、天耀の纏う匂いなのかなと。

深読みした。とても似合う組み合わせ。

どうか、そんな陽だまりの中で、藍月も笑っていて欲しいと思う。

 

この記事を書いている人 - WRITER -



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人向け漫画サイト , 2021 All Rights Reserved.