乙女心でお得に読める漫画を紹介します☆

【パーフェクトワールド】最新話ネタバレとあらすじまとめ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

パーフェクトワールドってどういうお話なのかな?

こちらにあらすじをまとめてみるね!ぜひ気になるところから読んでみて!

有賀リエさんのパーフェクトワールドの漫画の内容を知りたいと思っていませんか?

こちらで漫画のあらすじをまとめてみます。この記事を読むと、パーフェクトワールドのあらすじを理解することができます。

また、過去の話毎にネタバレも記載していきます。

ネタバレを知りたくないという方は要注意してくださいね!最新話のネタバレはこちらに書いています。

 

>>最新漫画を無料で読む方法はこちら

もし文章のネタバレではなく、絵付きで漫画が読みたければ、U-NEXTで31日間無料で読めますよ。

/600円分のポイントプレゼント!\

パーフェクトワールドのあらすじまとめ

仕事の飲み会で初恋の人・鮎川樹に再開し、トキメキを感じるつぐみ。

でも、彼は車椅子に乗る障害者になっていた。

はじめは驚いたつぐみだが、様々な困難を乗り越えて、鮎川樹と結婚した。

結婚し、子供を作ることを決意する。

が、不妊治療をしても子供を授からなかった。

つぐみは最後不妊治療を終え、自分の気持ちに一区切りつけたつもりだったが、妊活仲間が特別養子縁組をすると知って、自分たちも特別養子縁組に向き合うことを決意する。

養子縁組団体の話を聞き、子供を迎え入れることに現実味を帯びてきた矢先、つぐみに大きな仕事のオファーが舞い込んで…。

 

▼話数のタップで知りたいお話へ飛びます▼

パーフェクトワールド各話ネタバレ
51話 52話 53話 54話 55話
56話 57話 58話 最終回

 

パーフェクトワールドネタバレ一覧

51話のネタバレ

会社の上司からの仕事のオファーを断るつぐみ。

残念がる上司につぐみは正直に、特別養子縁組を考えている、と答える。

上司はつぐみの現況を聞いたうえで、もう少し考えてほしい、とつぐみに告げる。

 

鮎川家のマンションに担当の相談員が家庭訪問に来た。

スポンサードリンク

特別養子縁組で子供を迎えるには、準備が必要なのだ。

妊娠出産では10ヵ月かけて肉体的にも親子のつながりができていくけれども、特別養子縁組の場合は、その過程がない。

相談員は一日一日の積み重ねを大事にしてほしい、と語る。

赤ちゃんを迎えるにあたって、戸棚に重い物が載ってないか、など相談員は最終チェックをして帰る。

気持ちが引き締まるつぐみ。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

52話のネタバレ

つぐみは妊活仲間が特別養子縁組をすることを知り、自分たちも特別養子縁組に向き合うことを決意する。

つぐみと樹は、樹の両親に会いに彼の実家へと向かっていた。

スポンサードリンク

つぐみの提案により、樹の両親には前もって特別養子縁組についての資料を読んでもらっていた。

両親が特別養子縁組のことを前向きに考えてくれて良かったと道中車の中でつぐみは話す。

樹の実家に到着し、彼の両親は二人を前に、今の時代は結婚でも家族でも色んな形がある、二人が決めたことなら私たちは賛成よと笑顔で話す。

早く孫の顔が見たいと話す義母は、子育てはとにかく大変だから、樹も協力するように言う。

そんな義母につぐみは、樹が自分の代わりに育休とることまで考えてくれたと話す。

樹は、自分が車イスであることで、つぐみが育児の負担を背負うのが当たり前になっていることを気にしていた。

そんな樹の気持ちを知り、本当に嬉しかったとつぐみは感じていた。

しかし、今回迎える子供はもしかしたら自分たちにとって最初で最後になるかもしれない。

つぐみの中では、母親として子育てに専念したいという思いも強くあった。

義母は樹が突然車イスになって色んな事があったことや、二人が結婚した当時のことを振り返り、本当に嬉しかったことを語った。

しかし二人はもっと先を見つめていたことを知った今は、二人のことを誇らしいと微笑んだ。

樹は、できるかどうかじゃなくて”まずはやってみよう”って無責任に考えてみる、そうするとなんだか道が開けてくる気がするんだ、と子育てへの決意を見せた。

樹の実家を後にする際、義母が自分が近くに住んで育児のサポートをさせてくれないかと提案をしてきた。

樹はつぐみの気持ちを尊重するという姿勢であった。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

53話のネタバレ

つぐみは養子縁組団体より一本の電話を受けた。

2カ月前に生まれた男の子の赤ちゃんを迎え入れてほしいという連絡だ。

しかし、赤ちゃんには一つ問題があり、生まれてからの2カ月間、NICU(新生児集中治療室)に入っていたというのだ。

早産で生まれた為、極低出生体重児で、NICUを出た後も2週間ほどGCU(新生児治療回復室)で治療を受けていた。

安定した状態になり、検査でも異常はなかった為、養子縁組団体よりつぐみと樹の元へ連絡が入ったのだった。

つぐみは、赤ちゃんが生まれた経緯について訊ねる。

赤ちゃんの実母は22歳の飲食店で働いている女性。

父親も同じ職場だったが、妊娠を伝えると行方不明になり音信不通になってしまったとのことだった。

一人で育てるのは経済的にも難しく、養子に出すことを決断したということだった。

養子縁組団体は、「最後にもう一度、ご夫婦で意志を確認しあってください」とつぐみと樹に伝えた。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

54話のネタバレ

退職のための引き継ぎ作業に、追われながらも、昼食のタイミングを逃さないよう、午前の仕事に、一区切りをつけて昼食を買いに出る是枝。

フードトラックで、キューバサンドを、注文する是枝は、店員の女性に、野菜は、今日も大盛りにする?かと聞かれる。

頻繁に昼食を買っていたせいで、覚えられていたのか、と思いながら、今日であのフードトラックで、昼食を買うのも最後だと一人ごちる。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

56話のネタバレ

つぐみと樹は、紘樹と4回目の春を迎えていました。

紘樹は言葉もたくさん覚え、つぐみは毎日質問攻めの日々を送っています。

5月は紘樹の誕生日です。特別養子縁組で紘樹を迎えたつぐみと樹は、もう一人母親がいることを紘樹に教えなければならず、その日が近づいてきているのをつぐみは感じていました。

『真実告知』とは、特別養子縁組で迎え入れた子供には自分の出自を知る権利があり、育ての親として伝える必要があるという考えです。

つぐみたちは育ての親として、紘樹の年齢に合わせた方法で『真実告知』を行い、紘樹の生い立ちを共に受け入れていく必要があります。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

58話のネタバレ

バスケの練習を終え、打ち上げだけ晴人が友達を連れてくる、と言うので待っていた樹たちの前にやって来た晴人は、車いすの女の子を連れて来た。

七海という車いすの女の子は、晴人と障害者の職業訓練校に通っていた頃の知り合いで、七海が晴人のバスケ仲間にも会いたいと言うから連れてきたという。

七海は樹とつぐみが大恋愛で結ばれた、と聞いて会いたいと思っていた、と笑顔で言う。

樹とつぐみは何を言ってるんだと晴人に呆れるが、晴人は事実だろうと笑った。

 

打ち上げを終え、七海と二人で話すつぐみ。

晴人は学校の頃はどんな感じだった?

と聞くつぐみに、晴人と出会ったのは学校の飲み会で、学校に行く前は引きこもりがちだった七海は、飲み会に勇気を出して行ったらそこに晴人は彼女を連れてきていた。

車いすに乗ってから恋愛は無縁だと思っていた七海には衝撃だった、と話す。

 

七海は生まれつき骨がもろい病気で、子供の頃は歩いていたが、成長に連れて歩行が困難になる。

高校の頃にようやく車いすに乗るようになり、それまで、できていたことが出来なくなった挫折感から引きこもりになってしまったという。

晴人の彼女を何人も見てきて、障害を負ってても、こんなに自由に外に出て行く人が居るんだな、と世界が広がった。

と言う七海の様子に、七海は晴人のことが好きなんだとつぐみは気付く。

晴人は七海のことをどう思っているのだろうとつぐみは思うのだった。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

最終回のネタバレ

樹が長年うまく抑えていた褥瘡が数ヶ月前から悪化してしまい、尿路感染も併発してしまい9年ぶりに入院した。

手術により座ることが出来ないため食事も排泄も寝たまましなければならない状態で、静かに苦しみに耐えている樹につぐみは出来る限りのことをすることしかできない。この状況も自分たちの人生の日常の一つだとつぐみは思うのだった。

二週間がたち、傷の経過も良好であと5日で退院できると医者に言われ、樹は医者にお礼を言う。

つぐみにもうすぐ樹に会えるとテンションが上がっている息子の紘樹の動画を見せてもらい、樹は笑う。

つぐみは、個人差があってもどれだけ慎重に生活していても合併症が悪化することがあるのが樹が抱えている障害で、それでも樹は昔みたいに極端に自己嫌悪に陥ることは無くなったし、つぐみ自身も泣いて取り乱すことは無くなり、昔はこんな風になれるとは思わなかったと感慨深く思う。

タブレットを取り出した樹に仕事はしちゃだめだとつぐみが言うと、樹はメールを確認するだけだと言って送られてきたメールをつぐみに見せる。

車椅子の建築士が考える日本におけるバリアフリーとして、樹の仕事がフランスの雑誌で記事になり、その確認のデータだと言う。

樹は前に褥瘡になった時に病室でつぐみにコンペの絵を手伝ってもらったことがあったなと思い出しながら言う。

つぐみはその時自分の運命は動きだしたんだと思いながら、樹に自分と再会した時どう思った?と聞く。

つぐみは三年間片思いしていた相手に再会できて嬉しかったよと言いながら樹の答えを待った。

樹は高校の頃の自分はすごく子供で、彼女も出来たりしてたけど恋愛なんて何もわかって無かった気がすると言う。

バスケや将来の夢、人のこちょり自分のことで頭がいっぱいだったと言って、つぐみと再会した時のことを思い出す。

樹は一時期幻肢痛がひどいときがあって、痛み出すと薬を飲んでも全然ダメだったけど、つぐみが夜に電話をかけてきた時、何を話したかは覚えていないけど、電話越しのつぐみの声が心地好くて、昔いつも図書館でつぐみと二人で本を読んでいた時のことを思い出してその時間が好きだったんだと気付いたと言う。

電話を切った時は痛みが消えていて、それはたまたまだったかもしれないけど、高校の時からつぐみが好きだったんだなって気付いたと樹は言った。

つぐみは驚いてもっと早く言ってくれればよかったのにと言うがm樹は和z技言わないでしょ今さらと照れる。

高校の頃の自分に気持ちは一方通行じゃなかったと教えてあげたいと思うつぐみに、今さらついでに言うけどつぐみと夫婦になれてよかったっていつも思っていると樹は照れながら言う。

つぐみは、高校の頃の自分に未来も好きな人と一緒に居るんだと教えてあげたいと思うのだった。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

>>無料で漫画を読みたい方は・・・こちらからどうぞ!<<

 

最新話の掲載雑誌をすぐに無料で読む

わー詳しくありがとう!だけどやっぱり漫画は絵を見ながら読みたいかも!安くてお得に読める方法知らないかな?

それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね!

あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。

以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。

しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。

こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。

サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数
U-NEXT 600ポイント 今すぐ1冊が読める
コミック.jp 1330ポイント 今すぐ2冊が読める
ひかりTVブック 1170ポイント 今すぐ2冊が読める
music.jp 600ポイント 今すぐ1冊が読める

>>最新漫画を無料で読む方法はこちら

これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。

また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

最新話を絵付きで読みたいと思ったら、ぜひお試しください!

   

▼31日間無料で今すぐ漫画を読む▼

  U-NEXTを無料で登録&解約できるか不安な方はこちらをご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人向け漫画サイト , 2021 All Rights Reserved.